恋しても大丈夫?新入社員が「社内恋愛」を始める前に確認したいこと3つ

Man and woman at the table with PC

個人的な意見ですが、私は『社内恋愛』推奨派です。なぜなら、一日のうちの一番長い時間を過ごす社内で恋愛ができたら、楽しいだろうなと思うから。

ただ、ゆとり世代の女子には、社内恋愛を始める前に確認してほしいことが。今回は、社内恋愛においてチェックすべき3つのことをご紹介します。

社内恋愛スペシャリスト!?

特に、入社間もないゆとり女子に注意していただきたいのが、彼が『社内恋愛スペシャリスト』ではないかということ。

入社してくる女性と、毎年毎年噂になる男性もよくいるものですよ。

例えば気になる彼が、仕事はできるにも関わらず、彼と同世代の女性や彼の先輩女性などから煙たがられていたりしたら、要注意。

オンナ関係のだらしなさに、周囲が呆れている可能性がありますので、社内に一人はいる情報通に、それとなく聞いて確認してみましょう!

先輩が先にツバつけていた彼!?

女子が「素敵!」と思う男性は、どうしてもかぶりがちですよね。もちろん、恋愛は自由。なので「誰かとかぶったって、それでも好きだから頑張る!!」と突き進んでも良いのですが、好きな人がかぶった相手によっては、会社での立場が辛くなることもあるのです……。

例えば、社内で権力を持っている女子カースト上位の先輩女子が目をつけていた彼をゲットしてしまった場合、「あの子って、本当に性格悪くて」などと言われもないウソを流される可能性も。

ウソとは言え、嫌な思いをするのは自分。まだ気持ちにストップがかけられるのなら、楽しい恋愛ができる相手かどうかを見極めておくと、後々大変な思いをしなくて済むかもしれませんよ。

歩くスピーカー!?

最後に確認したいのが、恋をしそうな相手が『歩くスピーカー』ではないかどうか。

ときどき、女子からアプローチされたことや彼女との会話やデートの内容までを周囲に言いふらす男性がいます。そんな男性には要注意!自分が知らない場所で言われているのも嫌ですが、社内でされたらたまったものではありませんよね。

また、入社して日の浅いゆとり女子なら、一瞬にして社内での居心地が悪くなり、会社に行きたくなくなる原因にもなってしまう可能性があります。こういう男性はたいてい飲み会の場で、自分に注目してほしいがために恋愛のネタを作る傾向が。アプローチをかける前に、数人で飲みに行き、彼の言動をチェックしてみましょう。

恋愛に限らず、聞かれてもいないのに自分のことをペラペラ話す人は……かなり怪しいかもしれません。

一日のうちに一番長い時間を過ごすからこそ、楽しくもリスクもある『社内恋愛』。始める前には、是非この3つのチェック項目をクリアできるか確認してみてくださいね。

よく読まれている記事