新入女子社員が「絶対彼氏にしたくない」と感じる男の習慣3つ

iStock_000082238879_Small

女性は、男性が思っている以上に、本当によく周囲のことを見ています。特に、会社に入って日の浅い新入社員は、誰がどんな人なのか覚えるのに必死で、特に人の言動や習慣に注目しているものです。

それゆえ、男性の「えっ!?」という場面の目撃者にもなってしまうことも。

今回は、新入女子社員が「この人、彼氏にしたら大変そう~……」と感じる男性の習慣についてご紹介したいと思います。

1.机が汚すぎる

彼氏にするなら、仕事ができる人の方が絶対に良いですよね。机が汚すぎる男性が不人気な理由は、やはり「仕事ができなさそう」だから。

また、スケジュール管理ができなさそうな印象を与えるので、「約束を守ってくれなさそう」という意見や、「家も汚さそうだから行きたくない」などの意見がありました。

汚い机の人からは、なかなか良い印象は与えられないもの。どんなに忙しくても、せめて机の中にしまって外から見えないようにしてみましょう。

2.飲みかけのボトルがいっぱい

女性には理解できない男性の習慣なのですが、よく飲み物を最後まで飲まずに次の飲み物に手をつける男性がいます。

それでも、毎度片付けてくれれば特には気にならないのですが、飲みかけのボトルがたくさん机の上に置いてあると「無理だ、こんな人と付き合えない」となってしまうのです。その理由はというと……。

・前の飲み物の存在を忘れてる→約束をすっぽかされそう

・捨てれば良いだけなのに捨てない→服とか脱ぎ散らかしそう

・色んな飲み物に手をつける→飽き性・ワガママで付き合っても続かなさそう

机の上に飲みかけのペットボトルを置きっぱなしにしておいただけでも、こんなに多くのことを語ってしまいます。飲みかけのペットボトルは、気がついたらすぐに片付けるようにしたほうがいいかもしれませんね。

3.文房具の借りパク

会議室などで「あ、ペン忘れちゃったから貸してくれる?」と、文房具を借りたことはありませんか?

男性では、文房具にこだわる人が多くないため、大事なボールペンやシャーペンを使っている女性がいることに気づかない人がいます。

そしてそんな大事な文房具を、思わず借りパクしてしまうこともしばしば。後から、「ボールペン返してもらえますか?」と声をかけられても、「え、返さなかったっけ?どこいったかなぁ……」となってしまったり。

物の借りパクは、お金のやりとりを彷彿とさせ、「こんなだらしない彼氏、無理」という気持ちにさせるのです。どんなものでも、借りたことを忘れず、お礼とともにしっかり返却しましょう。

長い時間をともにするからこそ、色んな習慣が表沙汰になってしまう社内。せっかくなら、良い面をアピールして、気持ちよく過ごせるようにしたいものですね!

よく読まれている記事