大学生必見!テスト期間を利用して気になる人と急接近する方法3つ

Business collaboration

大学生はそろそろ前期のテスト期間に入るころですね。楽しい日々の中で、唯一現実と向き合わなくてはいけない大変な季節。でも実は、テスト期間は恋愛を発展させるのにとても適しているのです!

忙しいはずの期間ですが、一体どのようにして距離を縮めることができるのでしょうか?今回は、その方法について探ってみました。

一緒に勉強をする

大学や学部、また担当の教授によって、試験がどれくらい評価に関わるのかは全く違うもの。「普段の出席がメインで、試験は教科書持ち込み可だから楽勝!」というものも中にはあるかと思います。そのようなケースであまり勉強に切羽詰まっていないなら、一緒に勉強するのが効果的。

大学の図書館や自習室で近くに座り、大きな声の出せない空間にいると、自然とひそひそ声で会話することになりますよね。このひそひそ声での会話、ちょっとイケナイことをしている気分になって、2人のドキドキを駆り立てるのです。相手がどこで試験勉強しているか分かれば、わざわざ「一緒に勉強しよう!」と誘わなくても、偶然を装って会うことができます。

しかし、勉強に集中できた試しがないので、本当に追い詰められているときにはオススメできません。

ノートの貸し借りをする

もうひとつ試験前にオススメなのが、ノートの貸し借りです。「このままだと、この授業ヤバいぞ」そう思う学生は、これまでほとんど会話がなかった相手にも話しかけますよね。意中の相手と同じ授業をとっているなら、ノートの貸し借りを使わない手はありません!

自分が授業に出ていなかった場合は、まず相手に「ノート貸してくれる?」と頼みましょう。相手も持っていない場合は、「じゃあ、お互いに手に入ったら共有しよう!」と約束すれば大丈夫。その後ですぐに持っていそうな人を頼りましょう。経験上、年上にも顔が広い世話好きな友人に声をかけると、一瞬で手に入ります。

手に入れば「ノート、コピーとったから渡すよ!」と連絡でき、会う口実ができてしまうのです。ただし、あくまでテスト前なので、あまり盛り上がりすぎないように注意しましょう。

お疲れ会・お礼をする

無事にテストが終了したあとに、できるアプローチがひとつあります。一緒に勉強をした仲であれば、お疲れ会を。ノート貸し借りや情報交換をした相手にはお礼をすることです。「お疲れ様ってことで、飲みに行かない?」「助けてくれてありがとう!お礼にお茶でもしようよ」という感じで誘えばOK。

女子から誘うのがちょっと……と思うのなら、お菓子などをプレゼントするのもアリです。テスト後に締めのイベントを行うことで、相手は「これでこの関係も終わりか……」と寂しい気持ちになり、「あれ、もしかして好きなのかな?」と思わせることができてしまうのです。

テスト前は新しい恋愛が始まりがちで、取り残されるとなんとも切ない気持ちになっていたものです。実際に筆者を含む周囲の友人が、これらの方法でかなりの成功体験をあげています。

テストも頑張りつつ、その間に恋愛を発展させることができれば、来たる夏休みも楽しく過ごせること間違いなし!「テスト辛すぎ……」とばかり思わずに、意中の相手に試してみては?

よく読まれている記事