同棲を結婚につなげたいなら「必ず守るべき」3つの掟

Smiling couple relaxing on sofa

転勤や転職をきっかけに、彼氏と同棲し始めた人も多いのではないでしょうか?また、これから同棲をしようと考えている人もいると思います。

同棲はやり方によっては、別れにつながってしまうこともあるので、きちんと考えてからすべき。しかし、この3つの掟さえ守れば、きっと結婚に結びつけることができますよ。

掟1「メイク、着替え中の姿を見せないこと」

同じ空間にいると、どんな姿も見られてしまう可能性がありますよね。特に、若いうちの同棲は一人ひとりの部屋を持つことが少なく、1LDKなどの間取りで住むことが多いと思います。すると、わざわざ着替えやメイクを別の部屋で……なんてことが億劫になってきますよね。

同棲をする前は当たり前だった、「着替えやメイクを見られるのが恥ずかしい」という感覚は、次第に麻痺してしまいがちですが、女性が身支度をする姿を彼に見せてはいけません。

メイク中のファンデーションが半分塗られた顔や、着替え中のパンストをぐいぐい引っ張って履いている姿は、彼に対して一生非公開にしてください。何気ないように見えて、彼氏が幻滅してしまう一番のポイントなのです。

異性として見られなくなってしまう入り口になりかねないので、要注意ですよ。

掟2「ご飯はなるべくふたりで食べること」

一緒に住んでいると「帰ったら会える」と思ってしまうため、同棲前よりデートが少なくなってしまいがちですよね。

2人で過ごす時間をきちんと決めておかないと、同棲しているとはいえ、なかなか会えなくなってきてしまいます。それぞれの生活があるので、自然といえば自然なのですが、会う時間が少なくなると気持ちがすれ違ってしまうこともあるので避けたいところ。

それを解決するには、たった一つのルール「ご飯を一緒に食べる」と決めておくことです。朝食か夜食かどちらでも良いのですが、決めておけば毎日話をできる時間が少なくとも30分は持てますよね。たった30分でも顔を合わせるということはとても大切なことなのです。

また、彼とご飯を食べようと思うと女性は彼のためにどんな食事を作ろうかと考えるので、彼の事を考え、愛情も増します。彼もきっと、あなたの美味しいご飯を食べるために「家に早く帰りたい」と思うはずです。

掟3「相手の趣味にかけるお金に口出ししないこと」

Young couple in the kitchen cooking together. Kyoto, Japan. May 2016
Young couple in the kitchen cooking together. Kyoto, Japan. May 2016

一緒に住みだすと、少なからずお金の使い方を共有することになりますよね。ご飯代や、家具代など……。結婚するまでの若いとき、経済的余裕がかなりあるカップルは少ないのではないでしょうか。

そんな中、彼氏がゲームや漫画など趣味にお金を費やしている姿を見ると「そんなに余裕ないんだから……」とつい口出ししたくなる気持ちはわかります。でも、これは絶対にダメ。禁句です。彼は唯一の娯楽を取り上げられた気持ちになり、あなたとの同棲、ひいては交際までが窮屈になってしまうでしょう。

簡単なようで難しい3つの掟。でも彼が大好きなら、少なくともこの3つを守ることで、お互いに心地よい同棲ができ、さらに結婚への道が開けるはずです。

よく読まれている記事