既読スルーを防げ!気になる彼から返事がもらえるLINEマナー

Japanese  young woman is usig smartphone

LINEで少しでも彼との距離を縮めようと、アプローチを頑張っている女子も多いでしょう。でも、いざメッセージを送れば返事は遅いし、連続メッセージを送らないと既読スルーされるし……。

そんな時は、世代に特化したアプローチを意識することで、彼との距離が縮まっていくかもしれません。今回は、気になる彼がゆとり世代の時に使える「ゆとり男子から返事がもらえるLINEマナー」をご紹介します。

今日遭った出来事だけを伝えない

「今日は仕事帰りに〇〇買ってきちゃった」「お昼に食べた〇〇美味しかった~!」と、自分の嬉しかった出来事を、一生懸命彼に伝えている女子はいませんか?

彼が同じように関心があるか、両想いならいいのですが……。片思いの彼に伝えたところで、「ふーん」「それで?」と思われてしまうのがオチです。

彼が自分より年齢が上、あるいは精神的にオトナなら「お、〇〇好きなんだ?」「〇〇美味しいよね、俺も好き!」と話を合わせてくれるかもしれません。

でも、ゆとり世代は他人を干渉するのを嫌い、干渉されるのを嫌う人が少なくありません。

恋愛に対して淡白なので、相手の年齢が若いうちは彼の気をいかに惹くか。そこに意識を置いた方が確実です。

質問する時は優しくする

よくゆとり世代は傷つきやすいと言いますよね。ちょっと怒られるだけでもズーンと落ち込んでしまう一面は、仕事以外の私生活にも見え隠れしています。

例えばLINEでやり取りをしていると、彼の食いつきが悪いことがあると思います。

でも、「〇〇はラーメン嫌い?」「〇〇はそういうの好きそうじゃないよね……」と、決め付けた言い方をしてしまうと、彼はご機嫌を損ねてしまう可能性が高めです。

あなたなりに気を遣ったつもりでも、決め付けた言い方はゆとり男子を「え……?」と傷つけ、人によってはカチンと口論の原因になりかねません。

あくまでも彼の意見を受け止め、尊重してあげる姿勢が大切です。

彼の仕事が休みの時にLINEを送る

ゆとり世代は仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切っています。

そのため、彼の仕事中にLINEを送ると、彼はプライベートモードに頭が切り替えられず、ちょっと迷惑に感じられてしまう恐れも。

彼にLINEを送る狙い目は休日です。仕事時よりも落ち着いてLINEを返せるので、彼が心を開くチャンスも高まるのではないでしょうか。

彼の良さを褒めてあげる

Text messaging

ゆとり世代は恋愛に対して、基本的に臆病です。いくら気になっている人も「嫌われたら怖いから……」と、自分からグイグイとアプローチすることが苦手なのです。

ですので、彼とLINEをする際は、彼の気持ちに寄り添ってあげましょう。「〇〇いいよね!私も好き!」「すごい、私は到底真似できない……」と、あなたがちょっとお姉さんになってあげるのです。

されど対等な関係で話をしてあげることで、彼もあなたに興味を持ちやすいでしょう。

気になっている彼の年齢が若いほど、LINEの利用頻度は高めです。気になる彼がゆとり世代の場合は、これらを意識してみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事