ポイされないために知っとこ!25歳過ぎたら変わる、怖いオトコの恋愛観

Uneasy Asian Businessman

恋をすること、楽しんでいますか?好きな人ができたら気持ちが前向きになれ、相手との恋を妄想してしまうこともあるのでは。ただ同じ恋でも、その時の年齢で恋の仕方って、意外と変わってくるものです。20代前半のうちは感情のまま恋ができますが、20代後半になると結婚を意識するので、打算的な恋が多くなってきます。

しまいには、恋をすることすら難しくなってくることも。今回は、若いうちから知っておきたい、25歳過ぎてから変わってくる男女の恋愛観をご紹介します。

見た目なんてどうでもよくなる

年齢が若いうちはルックス重視な恋を求めがちです。「付き合うなら絶対イケメン、美女!」が、まさにそれですね。特に、男性は女性を見るときに一番最初に目が行くのは「顔」と答える人が多いと言います。

しかし、ルックス重視の相手と付き合いたいと思うのは、若いからこそ抱く恋愛条件です。

20代後半になると、恋愛条件が外見から内面へと変わっていきます。主に、「結婚を意識するようになる」「将来への不安が増してくる」この2つが理由かもしれません。

漠然と恋愛や結婚に対して憧れが強かった20代前半も、20代後半になると段々と地に足がついていきます。

もちろん、ルックスがいいに越したことはないのですが。優先順位として目の保養になる美女よりも、円満な家庭を築けそうな相手、安定した結婚生活を送れそうな相手が欲しくなるのです。

となると、25歳を超えても見た目ばかりを気にしていては、彼から「結婚相手」として意識される確率は低そう。外見ばかりを磨くのではなく、内面を磨くように努力をすることで、彼の恋愛観の変化にも対応していけることでしょう。

恋をするのがめんどくさくなる

次第に恋をすることが面倒くさくなってしまうのも、怖い変化のひとつです。なかにはいい人が見つからないと、出会いを求めることにすっかり諦めモードの男性も。また、「仕事か?結婚か?」と天秤にかけることが多くなり、ひとりで生きていく覚悟を感じて、恋よりも仕事を優先する人もいます。

そんな中男性は25歳をすぎると、一緒にいる相手に求めるものがドキドキよりも、安らぎに変わってきます。簡単にいえば、恋愛対象の相手よりも結婚対象の相手、と付き合いたい、ということ。

20代前半はラブラブで、毎日愛を語り合っていたのに、25を過ぎて途端に彼が愛情表現をしてくれなくなった……。それは、愛情表現がめんどくさくなったということもありますが、あなたを恋愛対象から結婚対象の相手として考え始めたからかもしれません。

それにもかかわらず、「最近なんでかまってくれないの?」「好きって言ってくれないと嫌!」などとわがままを言ってしまうと、彼からめんどくさがられてしまうかも。少し寂しいかもしれませんが、二人の関係が結婚を視野に入れた次のフィールドに入ったと思って、我慢したほうがよさそうです。

モテない女を好きになる

Holding heart under the sun

20代前半のうちは、異性からモテないと劣等感を持ってしまいませんか?しかし、イケメン・美女よりも、普通のスペックを持った人が、25歳を過ぎたら急にモテだした……なんて話はよくあるものなのです。

なぜならば、女性は自立心があって、素直で付き合いやすいタイプのほうが、結婚向きということで恋がしやすいから。

20代前半の男性は「とにかくかわいい人と付き合いたい」「モテる女性を手に入れたい」と、周りに自慢できるようなモテモテの女性を好むことが多いものですが、それが25歳を過ぎると、「自分に一途になってくれるか」「結婚を視野に入れてくれるような女性か」などと考えるようになります。20代前半でモテるような「ルックスがいい」「みんなの注目の的」な女性には見向きもしなくなるのです。

今は全くライバル視していないような子でも、25歳を過ぎるとモテ始めて彼のハートを盗まれるかもしれません。今のうちから用心しておいたほうがいいかもしれませんね。

女性もそうですが、25歳をすぎると大きく変わってくる男性の恋愛観。彼の愛を失わないためにも、20代前半とは一味違った「大人の魅力」を身につけることが大切のようです。

よく読まれている記事