20代後半男性の10.3%が無職!「結婚なんて考えられない」

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_m

働き盛りの年齢でありながら、家族以外との交流がない、無職・独身男女を指す新たな概念として、「SNEP(スネップ)」という言葉が注目を集めています。

SNEPを提唱した東京大学社会科学研究所の玄田有史教授によると、SNEPは約162万人(2011年)。1番多いのは20代で60.2万人にのぼり、年々急増しています。

若者の就職難、早期退職が叫ばれるなか、他人事とは到底思えない現実。彼らはどのような暮らしをしているのでしょうか。

10人に1人が無職の時代

(ゆとり第一世代を含む)1983年~1988年に生まれた男性のうち、パート・アルバイト14.8%、無職10.3%。4人に1人が定職に就いていない(就けない)のが、今の日本の現実です。

ブランドバンクデータの調査によると、無職と答えた男性の86.7%は両親と暮らしており、世帯年収は平均424万円、個人年収は38万円。彼らのうち、97.8%は未婚。

2011年6月、この世代が23歳~27歳のときをみると、個人年収は平均225万円。これと比較すると、今回の全体での平均個人年収274万円はたしかに昇給していますが、いずれも年収300万円の壁は越えられていません。

さらに2年前に無職と答えているのは7.8%。パート・アルバイトは12.8%で、安定した職に就いていない割合は、わずかに増加しています。

同居している親も年齢を重ねて年収が減る一方。彼らの未来は明るいとは言えなさそうです。

結婚<自分の生活

就労状況に加えて、この世代で気になるのは「恋愛や趣味、スポーツへの関心の低さ」です。

20代後半の男性の趣味ランキングをみると、「1位:インターネット」「2位:テレビゲーム」「3位:音楽鑑賞」となっています。趣味・スポーツに対する関心は、2年前の20代後半よりも数値が下がっており、あまり世の中に関心がない様子もうかがえます。

さらに、既婚率は2年前の25.7%から4.5ポイントも低いし、21.2%。「恋愛や結婚に関心がある」と答えたのはわずか10.8%。

ここにも年収の低さや雇用の不安定さが影響しているのでしょうか。

ゆとり女子たちの早婚願望が強まっているといわれるなか、「とにかく自分の生活を安定させたい」と願う20代後半の男性たち。

雇用が安定しない限り、彼らの溝はさらに深まる一方なのかもしれません。

よく読まれている記事