どこが違うの?大学卒業した後も長続きするカップルの共通点とは

Portrait of mid adult couple at a supermarket.

大学時代にできた恋人と、卒業と同時に結婚するカップルは少なくありません。同じゼミ、サークル、バイト先で知り合って、そのまま関係が深まるのでしょうね。なかには身近にその手のカップルがいて、羨ましく思っている女子もいるかもしれません。

一方で、残念ながら卒業後に別れてしまうカップルもいます。大学卒業後も続いていくカップルには、果たしてどんな共通点があるのでしょうか?

束縛・依存せず自分の生活を楽しんでいる

相手だけに夢中になってしまう恋は、なかなかうまくいかないもの。相手が息苦しさを感じてしまうからでしょうか?特に男性は束縛を嫌う人が多く、恋愛の優先順位もあまり高くない人が多いようです。

大学生活はただでさえ、ゼミ、サークル、バイトなど今しかできない魅力的なことがたくさんありますよね。学祭に向けてサークルのメンバーと準備したり、ゼミの発表に向けて資料を作成したり。友達と旅行に出かけたり、バイトの先輩後輩と飲みに行ったり……恋愛以外でも楽しめることは多いもの。

卒業後も関係が続くカップルは、恋人への束縛や依存を避け、自分の生活を楽しんでいる人が多いです。そんな姿に恋人も刺激を受けて、良好な関係が続くのかもしれません。

外見だけでなく内面にも惹かれている

相手の見た目がきっかけとなって気になり始めた、好きになったという人も多いでしょう。ですが、外見は環境や年齢によって変わります。長くお付き合いしていくには、内面で気の合うところや、「いいな」と思うところがないと続きづらいものです。

長続きするカップルは「相手が自分にないものを持っているから」「相手の●●なところを尊敬しているから」など、内面にも惹かれているところが特徴的。

やはり相手の内面をしっかりと見ることが大事なのでしょうね。内面をお互いに分かりあっているカップルは、恋人との距離を正しく図れるようになりますし、居心地の良い安心できる関係を築くことができます。

Love

環境が変わっても相手を受け入れる

バイトやサークル、ゼミなど付き合っている相手と同じ立場にいると、それだけで親密な感じが出ます。しかし、長く恋愛関係が続くということは、そういった環境も変わるということ。うまくやっていくためには、お互いの変化をよく理解してあげる必要があります。

例えば片方は就活に落ちて、片方はすぐに内定が出たなんて場合。特に男性はプライドが高い人が多いので、自分が不出来だとそれを気にしてしまい、関係がちぐはぐになってしまう……そんな話はよく耳にしますよね。

ときには相手を立てることも大事です。卒業後、環境が変わっても関係が続くカップルは、相手の気持ちを受け入れて付き合う意識がきちんとできているのでしょう。

大学卒業後、社会人となっても関係が続くのは、それだけふたりの間に確かな気持ちがある証拠です。今の彼とずっと付き合いたい人や、そんな素敵なパートナーがほしいという人は、このような点を意識できると役立つかもしれません。

よく読まれている記事