彼氏ナシでも問題ナシ!大学生のうちに恋愛できなくても大丈夫な理由

thinking woman

大学生になったら絶対に彼氏を作りたい!そんな思いで入学してきたけど、いざキャンパスライフを過ごしてみると、なかなか彼氏ができず焦っている女子も多いのでは。

もし友達に彼氏ができて、自分にはなかなかできない状況に焦っているなら、ムリに「恋をしよう」と思わない気持ちも大事かもしれません。

今回は、そんな女子たちに向けた「大学生の恋愛不要論」をご紹介します。

大学生の恋愛は失敗することが多い

キャンパス内でカップルの姿を見かけると、「ああ、私も彼氏ほしいな~」と、羨ましくなってしまう女性は多いのではないでしょうか。ですが実際のところ、大学生の恋愛は失敗するほうが多く、むしろその失敗が社会人になった後に生きてくるようです。

一見羨ましいカップルも、その内情は実に様々でしょう。例えば「恋人ほしさ」に焦って、それほど好きでもないけど、とりあえず付き合っているカップル。はたまた、お互いに好きで付き合ったけど、いまひとつ関係が盛り上がらず、「卒業後も付き合っていく関係ではない」と別れの道を選ぶカップルなど。

本当に心の底から相手のことが好きで付き合っているカップルは、大学生のうちはまだまだ少数派だと思います。さらに、そうしたカップルはお互いに結婚を視野に付き合っていることが多いもの。そう考えてみれば、本当に好きだと思える相手が見つかるまで、「焦って恋をする必要はないかな」と思えるのでは?

恋愛していない人はいっぱいいる

自由が許された大学生活だからといって、必ずしも恋愛をする必要はありませんよね。実際、ゼミやサークル、バイトといったコミュニティを見渡してみると、恋人がいる人は決して大多数ではないはず。

また、恋愛というのは、経験を積めば積むほどアプローチは上手になりますが、そのぶん新鮮味は薄れていってしまいます。それこそ若い頃に大恋愛をしてしまうと、過去に付き合った人が恋愛の基準になってしまうため、ときめきづらいという意見もあります。

ですから悲観的に考えるのではなく、「これからもっと素敵な恋愛ができる!」と前向きに考えてみては。焦って恋愛をするよりも、まっさらな状態でいた方が純粋に恋愛の魅力を楽しめると思います。

young woman stretching in park

恋愛は縁で成り立つものである

そもそも恋愛はムリしてするものではありませんよね。好きでもない人と付き合ったところで何も楽しくはありませんし、お互いにしんどく辛くなってしまうだけです。

それよりも大学生活を充実させることに重きを置きましょう。人の縁というのは不思議なもので、良くも悪くもだいたい自分の身の丈に合った人と一緒になることが多いものです。

大学生活が楽しいと感じられるほど、あなたの魅力にかなった出会いもきっと得られるはず。これは社会人になっても同じですよ。

大学生のうちに恋愛ができなくても、落ち込む必要はありません。大学では講義にゼミ、バイト、サークルといったように、恋愛以外にも魅力的なことがたくさんありますよね。まずは大学生活を満喫しながら、自分のペースで恋愛ができるよう、気持ちをゆったりと構えることも大事なのではないでしょうか。

よく読まれている記事