学校では教えてくれない……!「男を見る目」を養う3ステップ

虫眼鏡を覗く女性

「なんで私はいつもダメンズばっかりと付き合うんだろう……」

「あの子は彼氏から愛されているのに、私は都合のいい女ばっかり……」

なんて頭を抱えている女性も多いのではないでしょうか?どんなに勉強ができても、モテテクを教わっても、いざ自分が相手のことを好きになると恋は盲目で、なかなか正しい判断をすることが難しくなってしまいます。

そこで今回は、大学生のうちに身につけておきたい男性を見る目を養う3つのステップについてご紹介します。

1:まずは自分を大切にする

「男を見る目を養う」と言いつつ、一番初めにやるのは「自分を見つめること」です。これは、相手と対等に向き合うために必要不可欠な要素。

「都合のいい女」にならないためには、自分に自信をもち、自分を大切にすることが重要です。そのためにも、自分は何が得意で、何が好きなのか。どんなことができるのかを少しずつ知っていきましょう。

自分を大切にしていたら、ノーメイクかつボサボサの頭で出かけたりはできないもの。自分をいいと思えるスタイルをもって生活します。自分を大切にしている女性は相手からも大切にされるので、ダメンズは寄ってこなくなるはずです。

2:言葉よりも行動を見る

プレゼントを渡す男性

お金や言葉は目に見える分、とってもわかりやすいです。浮気をされても「高価なプレゼントをくれたから私のことが好きなはず」「愛しているのは私だけって言ってくれた」など、わかりやすい価値で相手を信じ込もうとしている女性もいるでしょう。

都合のいい女になりやすい人は、強く言われるとすぐにまるめこまれてしまったり、相手の言うことをうのみにしてしまう傾向があります。

大事なことは、物やお金、言葉よりも「行動」で示しているかどうか。口では「愛している」と言いながらも、ほかの女性と遊んだり、元カノにプレゼントしたものと同じものを自分に贈っていたりと残酷なことができる男性もいます。

「なにかおかしいかも……」と気付いたら、言葉に惑わされることなく、その人の行動を見るようにしましょう。

3:友達の話を真摯に受け止める

恋は盲目といいますが、周りからどんなに止められても突っ走ってしまう女性っていますよね。「絶対にやめておけ」「それは浮気されている」と言われても「そんなことない、彼はいい人なの」の一点張り。

彼を信じることはとてもいいことですが、あまりにも恋愛の失敗が続くようなら、きちんと周りの友達の話に耳を傾け、真摯に受け止めることも必要です。

自分を大事にしてくれる友達の話を聞きいれることで、きちんとした男性との出会いにも恵まれるかもしれません。

きちんと愛し、愛される恋愛がしたいなら、まずは自分を大切にすること。そして相手の言葉やかけてもらった金額ばかりにとらわれるのではなく、きちんと相手の行動を見つめること。

そして自分を大事にしてくれる友達の助言に耳を傾けることが必要です。見る目を養い、幸せな恋愛をしていきましょう。

よく読まれている記事