既読スルーとは無縁!男性がやり取りしたくなるLINEの送り方3つ

スマホをいじる女性

連絡ツールとして身近なLINE。好きな人と気軽にやり取りできるのは嬉しいですが、どうやってアプローチすればいいのか、悩んでしまう女性って多いのでは?

闇雲にメッセージを送ったところで、既読スルーされたら怖い。かといって、ただやり取りをしたところで続く自信がない……。

今回はそんな悩みを持つ女性に向けて、男性が思わず気になってしまう、LINEメッセージの送り方をご紹介します。

1:彼を明るく元気にしてあげる

まず心掛けたいのは、明るく元気にメッセージをやり取りすることです。言葉でいうと簡単に聞こえますが、メッセージ上のやり取りとはいえ、相手が好きな人だと緊張してしまう女性って多いのでは?

しかし、ちょっと勇気を振り絞って、なるべく元気で明るい印象を与えるメッセージを送ってみてください。例えば挨拶なら、リアルと同様に「おはよー!」と好意的に連絡をしましょう。話題を振る時は「(映画の新作)◯◯って、もう観た!?」など、リアクションを大きめにするのがポイント。

例え彼からのリアクションが薄くてもめげてはいけません。アタックする身なので、積極的に話題を振り、前向きなやり取りが大切です。「元気で明るい」女性に興味を抱く男性は多いもの。意識だけでも心掛けられると、彼への好感度はアップするはず。

2:彼を優しく受け止めてあげる

抱き合うカップル

やり取りする話題はなんでも構いません。しかし、できるだけ彼が好きなもので、なおかつお互いに共通する話題がオススメです。共通点が増えるほど、やり取りをしていて「相性がいい」と、お互いに感じられるからです。

できればこの時、彼を肯定してあげる意識を持てると、彼はもっとあなたに好感を抱きそう。例えば「え、◯◯ってどういうこと!?」と、分からないことを聞きながら、彼の話に耳を傾けることってあると思います。

その際、「ほうほう、なるほどねえ~」「いいね!」と、彼の話を認めてあげるリアクションが取れると、男性はあなたの理解が嬉しくなるはず。話題はなんであれ、相手を責める言葉は避け、彼を優しく受け止めてあげられる雰囲気を大事にしましょう。

3:彼の味方になってあげる

話が弾めば、話題が仕事やプライベートに及ぶこともあると思います。はたまた、彼が愚痴や不満をこぼすこともあるかもしれません。それはあなたに心を許している証拠です。

話を聞く際は「そんなことがあったんだ。私なら◯◯しちゃうかも(笑)」「その気持ちわかるな~」と、一緒に考えられる姿勢を見せられると◎。気持ちに寄り添ってあげながら、彼の悩みを少しでも取り除いてあげましょう。

「何かあったら、いつでも話聞くからね」「いまなら無料で聞いてあげるよ(笑)」と、ユーモアを交えながら話を締めてあげると、男性は次の日、自分からメッセージを送りたくなるかもしれません。

これら3つを意識できるだけでも、既読スルーはかなり減るはず。彼はあなたのことが気になり、近々「一緒に飲みにいかない?」なんて誘いもあるかもしれませんよ。

よく読まれている記事