「ママ大好き♪」な、マザコン男子が増えてるって本当!?

happiness friends together in Tokyo

男の子って女の子に比べてマザコンだ、とは昔からよく言われていることですよね。ですが、そうは言っても思春期になれば母親離れをするもの……。それがかつての常識でした。

しかし、ゆとり世代の男子の中には思春期をとうに過ぎ、成人してもママにべったりな「マザコンエリート」が存在しているとの情報を入手。しかもその数は年々増殖しているというではありませんか。

今回はそんな彼らの気になる生態に迫ってみたいと思います。

一緒に買い物は当たり前?LINEでも仲良くやりとり!

少し古いデータではありますが、2013年11月25日に放映された日本テレビの「有吉ゼミ」で、現役男子高校生に「母親と一緒に買い物に行きますか?」と質問したところ、およそ65%が「行く」と回答。

母親と買い物をすればお小遣いを使わずにモノを買ってもらえる、などの長所はありますが、思春期は恥ずかしさがそのメリットを上回る……ということはもう「古い考え」のようです。

また、母息子ともども、スマホを使いこなすのもこの世代の親子関係の特徴。ちょっとした日常報告やジョークなどを、ポップなスタンプを交えつつ軽やかなやり取りします。


なぜゆとり男子はマザコン化した?

マザコン男子自体は昔からそれなりに存在していたと思います。しかし、最近のマザコン男子の大きな特徴の一つは堂々としていること。「お母さん大好き」を隠しもしなければ、照れもしません。その主な3つの理由を分析してみたいと思います。

理由1:お母さんが若くてきれい!

ゆとり世代のお母さんはだいたいバブル世代。華やかだった若い頃の心を忘れていません。美容に関心が高く、いつまでも綺麗な人が増えています。

また、ネットやスマホもバリバリ使いこなし、精神的にも若いのです。そのため隣にいても自慢できたり、話をしていても面白かったり。「堂々マザコン」になってしまうのも仕方ないのかもしれません。

理由2:ゆとり男子は反抗期がない!?

ゆとり世代、特に男の子は「反抗期」がなかった、という人が増加しています。ゆとり世代の特徴である「空気をよむ」「社会や他者に反抗することを諦める」という姿勢その理由だとか。

反抗期のなかったゆとり男子は子供のころの「べったり親子関係」を引きずったまま成長し、自然に「マザコン男」になるのです。

理由3:少子化社会で育ったから

今のゆとり世代は兄弟も少なく、一人っ子もたくさんいます。そんな少子化の影響からか、核家族がほとんど。お父さんは仕事に出ていて、小さなころから遊び相手や話し相手が母親しかいなかった、なんてこともマザコン男子が増えた要因の一つ。何かあっても、頼れるのは母親というイメージが抜けず、マザコンとなっていくのです。

核家族の多い都会では、田舎に比べると特にマザコン男子が多いのかもしれませんね。

理由4:周りがマザコン男子に寛容

多様な価値観が認められるようになった現代日本。偏見や差別が減ったことはとても好ましいですよね。その時代の波に乗ってでしょうか。

「お母さん思いの優しい男の子なんて素敵じゃん!」「女の子の気持ちをよくわかってくれて、話してて楽しい」と、周りの女の子たちも「マザコン男子」にとても寛容な態度を示しています。「マザコン男=キモい」というのは昭和的思考なのかも……?

人種の多様化も理由

ゆとり世代という論点からは少しズレるのですが、日本がグローバル化したこともマザコン男子が増えた要因の一つと言えます。

日本の文化として、結婚をしたら母親よりも妻を優先するのが当たり前!という風潮がありますが、海外では真逆。お隣韓国では、結婚をしても母親が息子のことに口出しをするのは当たり前ですし、その他の諸国でも自分の母親を大切にする人もかなり多いですよね。

そもそも「マザコン」という概念は日本にしかなく、「母親を大切にする(しすぎる)」という意味の否定的な言語があることすら、諸外国では考えられない事なのかもしれません。

一昔前に比べると、かなりグローバル化した日本の社会。海外の人の価値観に触れることも多くなり、マザコンでなにが悪いのか?と感じる人が増えているということも頷けます。

結婚するならマザコン男子!?

Senior mother and adult son talking in the kitchen

マザコン男子を旦那さんにすると、いつまでもお母さんと比較されイヤな思いをするのでは、などの理由から結婚相手としては避けたいと考えている人も多いのでは?

しかし、それは勉強不足な我々の偏見にすぎなかったのです。実はマザコン男子は結婚するのにぴったり!と、あのハーバード大学の調査がそれを示しています。

マザコン男子は愛情深く育っているため、「浮気をしない」「酒におぼれない」「女性に優しい」という性格の人が多いみたいです。また、「収入が多い」「キャリアが高い」といった特徴も。

お母さんとのポジティブなコミュニケーションが、マザコン男子を明るく積極的な性格にさせるようです。それが功を奏して、キャリアアップにつながるのかもしれませんね。

また、マザコン男子は結婚してもなお、何かにつけてお母さんのところに行くもの。夫婦というものはいつまでも新婚ラブラブ、というわけにもいきません。旦那がうっとうしくなる頃にお義母さんのところに行ってくれれば、自由な時間も持つことができますよね。

ちなみに筆者の弟(18歳)も重度のマザコン。この記事を書いていると、彼に当てはまることばかりでした。でも、明るくて優しい、女の子の機嫌を取るのが上手い弟は確かに結婚するには良い人材のように思います。

姉バカだろ!と言われればそれまでなのですが。でもまあ身近な存在から考えてみても「マザコン男子」、あなどれない存在なのかもしれません……。ゆとり女子のみなさんも身近なマザコン男子を狙ってみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事