20代女子が40代男子と恋愛をするのは「コンプレックス」が原因?

HL146_L

最近、芸能界で20代女性と40代男性のカップルのニュースをよく耳にします。芸能界に限らず、筆者の周囲でも、なぜか最近「20代女性×40代男性」のカップルが増えています。

2009年養命酒製造株式会社が行った調査によると、20~30歳の未婚女性502名のうち、「おじさんでも人によっては恋愛対象になる」と答えた人は、72%。つまり、若い女性の10人に7人は、自分より10歳以上年の離れた男性との恋愛もアリと考えていることになります。

女の人生の中で、20代というのは1番のモテ期のはず。なのに、彼女たちはなぜ今あえて40代の男を選ぶのでしょうか。

20代女性が抱える「異性に対するコンプレックス」

電通ウェルネスが2008年に「コンプレックス」について調査をしたところ、20代女性は他の世代に比べて、「異性に対する自分の魅力」をコンプレックスとして強く感じていることが分かりました。

このデータについて、年の差恋愛をしている女性2人に意見を聞いてみました。

まず1人目は、アラフォー男性と2年間交際をしているユリさん(仮名/26歳)。

「年の差恋愛における女の武器ってやっぱり若さだと思うんですよね。私は14歳年上の男性と付き合っていますが、彼の友人に会うと『20代の女の子と付き合えるなんて、お前ホントに幸せ者だよな~』とか言われているのをみて、ちょっと自分に自信が持てるようになりました。同世代の男の子と一緒にいると、『私はあの子より可愛くない』とか卑屈になることが多かったけど、今はちやほやされる機会が多いので、恋愛に対しても前向きになれました」

自分に自信がなくて同世代には積極的になれない女子でも、40代なら自信をもって挑める!といったところでしょうか。

「弱さ」を包み込んでくれる安心感

今年の9月に15歳年の離れた男性と入籍したミキさん(仮名/24歳)。

「今の彼と出会う前は、同世代の男の子とふつーに恋愛をしていました。でも恥ずかしながら、交際期間が3ヶ月以上続いたことがないぐらい、とことんうまくいかなかったんです。『わがままでめんどくさい』とか『もう疲れた』とか言われて、いつも振られました。そのことがトラウマで、今でも同世代の男の子と飲みに行ったりすると、すごく気を遣いますね。その点、今の彼は年が離れているせいか、ちょっとしたわがままも受け入れてくれるし、一緒にいてすごくラクです」

多少の欠点も優しく受け入れてくれるのが、40代男性の魅力。同世代の男の子には、意地やプライドを張って素直になれない女性こそ、年上の男性に惹かれるのかもしれません。

晩婚化・恋愛の自由化が進み、これからさらに増えそうな年の差カップル。若者の恋愛離れに歯止めをかける期待ができそうですね。

よく読まれている記事