投稿した時間 更新 

友達以上恋人未満の「ウィル彼」を作る女の心理とは?

2bed8eaedf1be3426f1bdbace9f0af9f_m

まだ彼氏ではないけれど、その気になれば付き合えそうなくらい仲が良い関係にある男子のことを「ウィル彼」と言うのだそう。実はこの「ウィル彼」、恋に奥手な女子たちから熱烈な支持を受けているんです。

今回は、「ウィル彼がいる(もしくは過去にいた)」という女性へのインタビューをもとに、「ウィル彼に対する女の本音」に迫ってみました。

ドキドキよりも「安心感」

▽「本当に好きな人だったら頑張ってアプローチするけど、ウィル彼はもう少し熱が冷めたような存在」(25歳女性/IT)

「恋人が欲しい」と望んでいても、自分からアクションを起こして恋愛で傷つくのは嫌だと考える人は多いはず。ウィル彼は、そんな奥手女子のちょっとした寂しさを埋めてくれるような存在なのかもしれません。

会いたいときだけ会える「手軽さ」

▽「自分の時間を大切にしたいので、恋人は作らない主義。でも、女友達が彼氏とラブラブな様子をみていると、たまにデートしたくなるので、ふらっと遊びに行けるような男友達は数人キープしてる」(21歳女性/大学生)

まるでコンビ二感覚。付き合いが深くなると、相手の嫌なところもみえてくるし、独占欲も沸いてきます。お互いに不自由を感じながら付き合い続けるのであれば、最初から一定の距離を保ったウィル彼がちょうどいいのかも。

自分の女性性に自信が持てる

▽「ウィル彼だけでなく、セフレやソフレを作る女の子ってみんな自分に自信がない人が多いと思うんです。彼氏みたいな男友達がいると、外見にも気を使うようになるし、テンションがあがる」(23歳女性/ウェブデザイナー)

恋愛にがっつかない草食男子が増えたことで、女としての自分に自信を持てない若い女性が増えていると言われています。ウィル彼は、そんな女性たちのぽっかり空いた心の穴を埋めてくれるような存在。いろんな男からチヤホヤされたいという女性の隠れた願望を満たしてくれるそうです。

ネタにされたくない

▽「サークルで好きな人がいるけど、付き合うとグループLINEでネタにされそう。今の関係性を壊したくないので、あえて告白はしません」(20歳女性/大学生)

友達がみんなSNSでつながっている時代なので、「誰が誰に告白した」「振られた」といった情報が筒抜け状態。だから本能や感情に身を委ねるより、「付き合って起こりうるリスク」を考えてしまうそうです。

おわりに

上の世代からは「恋愛には勢いが必要!とりあえず1回やっちゃえよ!」といったツッコミが飛んできそうですが、イマドキの若者は「何度もデートを重ねて、おだやかな関係の中から恋が芽生える」ことが多いよう。

恋愛スタイルは人それぞれ。焦らず、ゆったりのんびり、関係を深めていけるといいですね。

 

山咲 はな

1988年生まれ。元肉食女子。20代前半でダメ恋愛を繰り返してきたが、今年14歳年上の彼と結婚。

よく読まれている記事