モテvs自分のこだわり?20代女子がファッション選びに悩むワケ

20代女子のファッションの悩みは?

今も昔も「お洒落大好き!」な女性は多いですよね。お気に入りの洋服に身を包むことでテンションが上がりますし、自己表現をできる身近な方法でもあります。

このように、生活の中で重要な役割を担っているからこそ、20代女子はファッション選びに悩んでいるようです。今回は、その詳細と解決法をご紹介します。

お悩み1:モテをとるか自分の趣味をとるか

▽「ボーイッシュでカッコイイ系の服装が趣味なのですが、モテもあきらめたくありません。だけど男の子が好きそうな可愛い格好はしっくりこない……。今は好みを優先していますが、なかなか彼氏ができないので、妥協しようか検討中です。」(21歳/大学生)

モテとファッションは切っても切り離せない関係にあります。全方位から好かれたいならば、ベタな「モテファッション」に身を包む必要があるかと思います。

しかし、結局彼氏が欲しいだけなら、ファッションポリシーを曲げる必要はないのでは。人には好みがあるので、ボーイッシュな女の子が好きな男の子も確実に存在します。自分の趣味を肯定してくれる男性と付き合った方が、その後も長続きすることでしょう。

とはいえ、モテる経験は自信がつくもの。普段は自分の好きな服を着ていればいいですが、ここぞというときだけは勝負服で、男性ウケを狙ってもいいかもしれませんね。

お悩み2:センスが悪い……

▽「人並みに身だしなみには気を使いますが、どうしても周りと比べて“自分ダサいな~……”と落ち込んでしまいます。雑誌を読んでマネしようにも、掲載されている洋服は高いのでなかなか難しいです。」(20歳/大学生)

失敗したくなくて無難な服装をしてみるものの、なんだかパッとしないなど、ファッションセンスにまつわる悩みは尽きませんよね。

そういうときは、やはり雑誌やファッションスナップを参考にするのが一番。確かに掲載されているのは高い洋服だったりしますが、今はファストファッション最盛期。似た雰囲気のプチプラ商品だってたくさんあります。

まずは「なんとなく雑誌と同じコーディネート」からスタートして、どんどんセンスを磨いていけるといいですね。

お悩み3:お金がかかる!

▽「お洒落は大好きだけど、洋服ってやっぱり高い!プチプラもあるけれど、何だか安っぽいし……。満足するまでファッションを楽しみたいです」(23歳/受付)

ブランドものはやっぱりお洒落。洋服への関心が高まるほど、手に入れたくなるものです。とはいえ、金銭的に余裕がないのが20代女子の悲しいところ。

「プチプラで似たようなものを買えばいいや」と妥協しても、似て非なるものだったりして、結局着ないで放置……。なんて無意味な買い物をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

このお悩みの解決法としてオススメなのは、凝ったデザインが施されている洋服は思い切って買ってしまうこと。もちろん、1着にお金をかけてしまう分、たくさん買うことはできません。その代り、何回着ても飽きないし、高いモチベーションをキープできるのです。

また、最近はネットフリーマーケットのアプリも充実しています。ブランドの服を安く手に入れられる上に、いらなくなった服を気軽に売ることもできます。倹約女子はこれらもガッチリ利用しているようですよ!古着に抵抗がないならばオススメです。

ファッションに関心がある人もそうでない人も、裸で街を出歩くわけにはいきません。それならば、自分のテンションが上がる服に身を包んで、毎日のモチベーションを上げていきたいですね。

なかなか物欲と経済力が比例しなかったりしますが、工夫してお洒落を楽しみましょう!

よく読まれている記事