大学3・4年生向け!憧れの先輩になれる「大人コーデ」のコツ教えます

Shopper

大学3、4年生にもなると、インターンや就活、ゼミにバイトと、何かと多忙になってきますよね。目上の人と会ったり、学外に出たりする用事も多くなり、きちんとした場にも対応できるファッションアイテムが必要になります。

また、後輩と差がつくオシャレな小物使いもそろそろマスターしておきたいところ。どんなポイントに気をつけてセレクトすればよいのでしょうか。

服選びに重要なのは素材感

きちんと感を出すには、高級感のある素材に落ち着いた配色がポイントです。高見えするのはとろみ素材のトップスや、サテン・ベルベットのボトムス。スウェードも上品な雰囲気がありオススメです。大人コーデを目指すなら、素材感はとても大事になってきます。

例えばミニ丈のスカート。ものによっては子供っぽく見えがちですが、キャメルカラーのスウェード生地のものを選ぶと大人なスタイルに仕上がります。これまであまり素材を気にしていなかった人は、この秋からぜひ意識してみましょう。

私服でもOB・OG訪問や論文指導など、ある程度きちんとした服装が求められるようになります。大人っぽく、着心地が快適な素材の服を選びたいですね。

ハイレベルなデザインで上質感を

ニットやシャツなど、カジュアルなコーデのときも差が出やすいもの。定番アイテムを選ぶときには、デザインを重視しましょう。ニットなら、ざっくりした編み目とボリューム感がオシャレの秘訣。シルエットも大事なので、できるだけ試着をして選びます。

シャツが好きな人は、女らしさが際立つスキッパーベージュシャツなどもいいかもしれません。ぴったり着るのではなく、襟を抜いてゆるさを演出すると大人の女感をシンプルに纏えます。

トレンドも程よく取り入れたければ、Tシャツはキャミ付きトップスがオススメ。こなれ感が出て、ワイドパンツなどのボトムスと合わせるととても可愛いですよ。

woman shopping clothes

持っておきたいのは大人カラー

ボルドーやテラコッタなど、こっくりとした大人カラーは持っておきたいところです。落ち着いたカーキも取り入れやすいアイテム。ついベーシックなスタイルに偏りがちな人でも、大人カラーのアイテムを投入するだけで一気に華やぎます。この秋はボルドーカラーのメイクが流行っているので、メイクと合わせるのも楽しそう。

今年のトレンドなら、ノースリーブニットやリブタートルがとっても可愛くておすすめ。ベージュやホワイトなどのベーシックカラーとの相性が◎です。先述したサテンやベルベットなどの上品な素材との相性もいいので、周囲に差をつけられること間違いなし。

大学生活も後半戦に入ってきた頃。ファッションを楽しみつつ、下級生とは差をつけたいですよね。ご紹介したポイントをワードローブに活かせば、憧れの先輩コーデが完成しますよ!

よく読まれている記事