ゆとり世代の消費の特徴は「安価な趣味」と「交際費」の2タイプ!

HW055_L

電通総研の電通若者研究部は、15~29歳の男女を対象に、若者の“好きなもの”を軸に、彼らの消費動向の実態を把握する調査を実施。

調査の結果、最近の若者は、「低コストの割り切り」と「高額消費」を使い分ける「趣味のメリハリ化」と、他者とのコミュニケーションを消費の動機にする「消費の総“交際費”化」が大きな特徴であることがわかりました。

「タダ・安価でできる」がハマりやすさのポイント

まずは「趣味のメリハリ化」の消費傾向からみていきましょう。

このタイプは多趣味なのが特徴。1人あたり平均約11個もの趣味を持ち、限られた予算の中でそれらを楽しんでいるようです。

高校生・大学生・社会人のそれぞれがハマっていることの上位4位以内に「音楽鑑賞」「PCでのインターネット」「アニメ」などが共通してランクイン。

また、趣味人口は少ないものの、消費金額別に見たハマっていることランキングでは、全世代ともに「海外旅行」が第一位。

高校生では、「SP・携帯電話でのインターネット」(5,636円/月)、大学生では「料理(8,773円/月)、社会人では「車・バイク」(29,361円/月)など、人気でした。

1か月に使える自由なお金は、高校生が10,970円、大学生が35,514円、社会人が68,132円。

今の若者は消費をしないと言われますが、自分が本当に興味のあることや好きなことには「お金を惜しまない」という層も一定数いるようです。

若者の二大消費は「外食費」と「ファッション代」

続いて「消費の総“交際費”化」をみてみましょう。

このタイプは、友人や家族など周りの人とのコミュニケーションを意識した“交際費”に多くのお金を使う傾向があります。プレゼントや季節のイベントに参加するだけでなく、会話のネタを求めて消費行動を起こす若者が含まれます。

ここ数年、盛り上がりをみせるハロウィンやオクトーバーフェスなどをみても、SNSでリア充っぷりをアピールできて仲間とリアルにつながることができるイベントが人気になる傾向があります。

またプレゼントの金額は、大学生と社会人は「恋人>両親>友人」の順番。友人よりも両親に高額なプレゼントを渡していることが分かりました。

ネット上では、リアルの生活が充実している人たちのことをリア充。お家でまったり過ごす人たちを「ウチ充」といいますが、おそらく「消費の総“交際費”化=リア充」「趣味のメリハリ化=ウチ充」という法則が成り立つのでしょうね。

よく読まれている記事