日本人は働き過ぎ!定時で帰るメリット・4つ

office-620822_1280

ぎゅうぎゅう詰めの満員電車で出勤し、残業は当たり前。休日出勤も頻繁にあるし、有給を取るのは申し訳なくってできない……。

そんな日本人の働き方は異様だと、海外でも驚かれているほどです。

真面目で勤勉なのは日本人の美点ではありますが、本当にこのまま「社畜」でいいのでしょうか。改めて「定時で帰れる」4つのメリットを確認してみましょう。

その1:心身のリフレッシュ

定時が17~18時で、寝る時間が24時だとすれば、夜の6時間はすべて自分のもの。

友達と飲みに行ったり、ショッピングを楽しんだり、映画で感動したり……

楽しみ方は人それぞれですが、好きなように使えば十分にリフレッシュできますよね。次の日の仕事のモチベーションにもつながり、いいことだらけなのです。

その2:限られた時間内で生産性UP

人間の集中力や体力なんてそう持続するモノではありません。残業することが分かっていたら、どうしてもダラダラと働いてしまうものです。

だったら、限られた時間で集中して仕事をこなす方がよっぽど生産性があり、効率もいいもの。

定時で帰れるならば労働時間は8時間。この時間の中で集中して働き、あとは自分の人生を楽しむために使いましょう。

その3:習い事や勉強に

趣味や自分のスキルを高めるための習い事や勉強に、夜の時間を有効に使えます。

ここで磨いた技術が思わぬところで生かされ、更なるスキルアップも期待できます。また、習い事や勉強を通じて色んな人と出会えるので、恋愛にも有利。

もちろん、仕事と関係のないところで、新しい友達を作れるのも、社会人にとっては嬉しいことですよね。

たかが習い事、されど習い事。なかなかあなどれません。人生に華を添える時間になりそうですね。

その4:美容と健康にも◎

残業をすればへろへろで、運動はおろかご飯を作る気力も沸いてきません。23時に食べるコンビニ弁当は美容と健康に毒と分かっていながら。

定時に帰ればもちろんご飯を作る時間もとれ、適切な時間に食べることが出来ます。ランニングをしたり、ジムに行ったりすることも可能ですよね。

心にも余裕ができ、お肌もつやつやしてくることでしょう。人間らしい健康的な生活を取り戻すことは、どんな美容液よりも効果的なのです。

まとめ

「できることなら定時で帰りたいけど無理だ!」「辞めたくても責任があるから……」

そんな風に言う人もいることでしょう。ですが21世紀になってもう15年が経ったのです。働き方は1つではありません。転職、フリー転身、あらゆる方法が可能なのです。

それにはっきり言ってあなたの代わりはいくらでもいるのです。だってあのスティーブ・ジョブズが亡くなってさえも、アップル社は今日も新しい商品を開発し続けているのですから。

1度きりの人生。もし、定時に帰れない現状に不満があるならば、会社に飼い殺される前に自分から動いてみませんか。その先には、人間であることを楽しむ時間が広がっているかもしれませんよ。

よく読まれている記事