知らないと恥ずかしい!結婚式でありがちなNGファッション・6選

09d9686f3c9d4e383445e5789e061758_m

あと1ヶ月で6月ーーそう「ジューンブライド」の季節がやってきました。親しい友人や親戚の結婚式はわくわくするものですが、お呼ばれすると悩むのが「服装」です。

ここでは結婚式でありがちなNGファッションを徹底解説。うっかり恥をかかないように、おさらいしてみてくださいね。

白だけじゃなかった!実はマナー違反のドレスはこれ

花嫁さんの特権!白系のドレス

純白ドレスは花嫁さんの色なので厳禁。さらにクリーム色、薄ピンク、シルバーなど写真を撮ると白に見えるような色も避けたほうが無難です。

ミニ丈や肩出しなど露出の多いドレス

結婚式や昼の披露宴では、ひざ上10センチ以上のミニ丈ドレス、肩が出るドレス、胸元がぱっくり開いたドレスはNG。ノースリーブのドレスは必ずボレロやショールとのコーディネートでカバーして。

殺生を連想させる「ファー素材」

秋冬のファッションとして人気のあるファー素材は、「殺生」をイメージさせるので、結婚式ではふさわしくありません。披露宴では食事もするので、毛皮の毛が料理の中に落ちたり、口の中に入ってしまったりして、不衛生と考える人も。

まるでお葬式?黒いドレス

黒ドレス、黒ボレロ、黒いハイヒール、黒バッグ……。花嫁さんより目立ってはいけないということを意識し過ぎて、黒ドレスを選ぶ女性は多いようです。しかし全身黒の服装は「喪服」をイメージさせるので、結婚式では避けるべき。黒ドレスを着る場合は、明るい色の羽織物やバッグ、コサージュなどを小物をあわせて着こなしましょう。

別れを連想させる「バイカラードレス」

バイカラーとは、上下が2色に分かれているドレスのこと。近年流行のスタイルなので、パーティ用のドレスも多く売られていますが、「2色に分かれている→別れ」と連想して、縁起が悪いと考える方もいるようです。

カジュアルな印象のプリント柄ドレス

結婚式のようなフォーマルなシーンでは「無地」が基本。ドレスやもちろん、靴やストッキングもプリント柄は、避けたほうが無難。

マナーを守って華やかに

結婚式のファッションにはたくさんのマナーがあって、おもわず「それもだめなの?!」とツッコミをいれたくなりますが、お呼ばれしたときは、晴れの場にふさわしい品のある服装を心がけてきもちよくお祝いしたいものですね。

よく読まれている記事