「内定もらったけど、行く気ない」2016年卒の就活生に異変?!

d13515-1-653176-0

新卒採用スケジュールが大幅に変更された中、就職活動をおこなう、2016年卒業予定の学生達。

そんななか、ツイッターには、「就活内定もらった!」「内定もらったから夏休みはぱーっとお出かけしよう」など、早くも内定ゲットで喜びの声が挙がり始めています。

内定が出ても就活をやめない学生が続出!

就職支援スクールの我究館は、今年の就活生の実態を分析。2015年4月1日の時点で内定を手にしている学生は、7.1%。そのうち「内定を手にしても就職活動を継続する」という学生は、81.4%を占めると見ています。

今年の就活生人口を40万人とすると、すでに内定を得た学生は約3万人。

内定を手にしてもなお、彼らが就活を続ける理由は、「大手総合商社やメガバンクなどの経団連加盟の大企業の面接解禁を待っているため」。

我究館はこうした学生のことを、2016年卒に見られる新集団として(山登りに例えるなら)「頂上散策組」と呼んでいます。

就活スケジュールに問題あり?

我究館は、「頂上散策組」が増えることによって、「秋以降の内定辞退者の大量発生」が起こると予想しています。それによって、「採用担当者は内定フォローに追われ、現場が混乱する」のだそう。

さらに、「内定者が納得度の低いまま入社した場合は早期離職につながる可能性もある」と指摘。

このような2016年卒の就活事情を受けて、我究館は「2016年卒の就活スケジュールに構造的な問題点がある」とし、「就活スケジュールに翻弄され過ぎることなく、今一度、志望進路の軸を明確にすることが必要」と学生にアドバイスをしています。

よく読まれている記事