セクハラ質問、即内定…転職希望者が経験した「ブラック面接」

807aa18f717870c42c418e203a63ca85_m

ネットの世界ですっかり定着した「ブラック企業」という言葉。明るい未来を夢見て、入社した会社が「まさかのブラックだった……」となると、働く意欲も削がれてしまうものですよね。

そんななか、エン・ジャパン株式会社では、『エン転職』のサイトユーザー3026名に「転職活動時に見た良い面接・悪い面接」について調査を実施。転職希望者が実際に経験したブラック面接の実態が明らかになりました。

入ってみないと分からない社内事情もありますが、採用面接のときから「ブラックか否か」を見抜けるポイントが見つかるかもしれません。

転職希望者の84%「面接官の人柄に嫌悪感」

まず、「面接を受けて『この会社は入社したくない』と思ったことはあるか」を質問したところ、転職希望者の84%の方が、面接での悪印象で「入社したくない」と思ったことがあると回答しました。

入社したくないと思った理由として最も多かったのは「面接官の人柄・印象が悪かった」(74%)。具体的な内容としては、「面接官のやる気を感じなかった」、「完全にこちらに興味がないことが見て取れた」、「威圧的な態度」などが挙がっています。

たとえ仕事内容や待遇に魅力を感じていても、面接担当者の態度や雰囲気によって、転職希望者の入社意欲が失われてしまうことが明らかとなりました。

ブラック面接の実例

このほか、同調査では実際にあったブラック面接の実例も紹介されていました。思わず耳を疑うエピソードが満載です。

マナー違反!

▽「面接官が株のデイトレードをパソコンで行いつつ、面接を行っていた」

▽「面接官がその時にやっていた作業の手を止めることなく、面接が始まった。タバコを吸いながら面接をされた」

▽「面接官が食事をしながら面接していた」

就職差別につながる質問や対応

▽「個人情報を全部聞かれた。彼氏はいるのか、今まで付き合ってきたかとか、家族構成、いとこのことまで全部聞かれ嫌だったので辞退した」

▽「正社員希望で面接をしたのですが、履歴書の子供がいる、既婚という欄に面接の終わりの方で気付いたとたん、『結婚してるの?じゃあパートにしたら?』と言われた。正社員希望を改めて伝えると、『まあ、じゃあまた合否連絡しますね』と冷たい態度。もちろん不合格でした」

▽「代表者が容姿についてけなしてきたから。履歴書の写真ほど若く見えないとセクハラを受けた」

すぐに内定を出された

▽「自分の会社の自慢話を20分以上聞かされ、こちらへの質問はされずすぐに採用だった。本当に私の何が分かったのと不安に感じた」

▽「一方的に話をされ、質問はほとんどなく終了したにも関わらず、翌日に速達で内定通知が届いた」

面接で読み取れる「ブラック企業」

見た目のいい広告にうかうかと釣られ、面接会場まで足を運んでしまっても、面接官の印象や雰囲気で、入社を食い止めることができれば、不幸中の幸いかも。

特に、ブラック面接の実例でも出た「ろくに話を聞かず、すぐに内定を出す企業」には要注意。たった1回の面接で内定を出す企業は、人集めに苦労していて、とにかく誰でもいいから捕まえたいというずさんな人事管理が行われている可能性が高いです。

転職活動中は、「とにかく内定が欲しい」と気持ちも焦ってしまいがちですが、冷静に企業を見極める目も大切に。「これはちょっとおかしいのでは?」と面接中に感じたら、自分の第六感を信じたほうがいいかもしれません。

よく読まれている記事