年収600万の男性を探すより現実的!共働き夫婦が目指すべき世帯年収は

Family having a walk outdoors in summer, Tokyo

結婚するなら経済的に安定している人がいい!そんなふうにもう人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、身の丈に合った暮らしや日常のなかから幸せをみつけるゆとり世代。堅実な生活を望んでいますが、必要以上に高い年収を求めるわけではありません。

年収600万円の男性との結婚を望むよりも、世帯年収をアップさせるほうがずっと現実的です。いったいいくらくらいあれば余裕のある暮らしを送ることができるのでしょうか?

20~30代男性の平均年収は約350万円

国税庁が行った「民間給与実態統計調査」によると、平成26年の20代前半の男性の平均年収は265万円、20代後半の男性の平均年収は371万円ということがわかりました。20代男性の平均年収は318万円です。

また、30代前半の男性は438万円、30代後半の男性は499万円。30代男性の平均年収は468万円という結果になりました。

総合してみてみると20~30代男性の平均年収は393万円。働いている職種や業種によっても違いますが、だいたい400万円が一般的な平均年収です。

また、ときどき「男は年収600万円以上じゃないと結婚しない」なんていう女性がいますが、平成25年 民間給与実態統計調査結果によると年収600万円以上を稼ぐ人は男性のうち8.0%程度しかいません。このなかで独身男性にしぼるともっと少なくなります。

将来、本当に結婚したいと思うのなら「年収600万円以上」と設定してしまうと、いつまでも結婚ができない可能性があります。現に、「年収600万円以上じゃないと結婚したくない!」なんて言っている3、40代の諸先輩方で、未だに結婚ができていない人はたくさんいますよね。

それもそのはず。年収600万円以上稼いでいる8.0%の中からさらに独身男性を探すとなると、その確率はもはや天文学的数字。そこまで「高収入の金持ち」に選ばれる自信があるのなら話は別ですが、普通の人であれば、そんな目標は立てるだけ損なのかもしれません、

1世帯あたりの平均所得は528万9000円

厚生労働省が発表した国民生活基礎調査によると、1世帯当たりの平均所得は528万9000円、18歳以下の子どもや65歳以上のお年寄りがいる世帯の平均所得は696万円だと言われています。

このうち、生活を「大変苦しい」と答えたのは29・7%、「やや苦しい」は32.7%です。合計して67.4%が「大変だ」と回答しています。

1世帯あたりの所得が500~700万円だと生活するのに厳しいと感じる人が多いようです。

共働き夫婦は世帯収入800万円をめざそう

Couple fight over money

牛窪恵さんの著書『女の決めどき』のなかでは、世帯収入で約800万円あれば、つつましい生活をしながらも子ども2人を大学まで行かせることができると記載されています。

ちなみに年収800万円の男性は日本の人口4.0%しかいません。100人いるなかの4人の男性と出会い、その人が自分と結婚してくれる確率は考えてみただけでも気が遠くなりそうですね。

しかし、男性だけに頼らず、女性も働くことができれば世帯収入を700万円以上することは可能です。

前述したように20~30代の男性の平均年収は350万円。女性も年収350万円稼げば世帯収入は700万円になります。今は男女平等の社会。妊娠や出産を経験しても、仕事を再開しやすい環境が整っています。

お互いに切磋琢磨し、世帯収入を増やすために仕事を頑張り、投資をしたりすれば、世帯収入が800万円に達するのも難しいことではありません。

むしろ、年収600万円以上の男性と結婚するよりもずっと現実的。相手の年収に理想をつけるより、世帯収入を増やすためにどうしたらいいのか考えることが、幸せな結婚生活への一番の近道かもしれません。

よく読まれている記事