コミュニティで次々と男を食い荒らす「サークルクラッシャー」に注意

10b4f1863207903a7986669c2be43fd0_m

サークルクラッシャーとは、大学のサークルや、職場などといった狭いコミュニティ内で、色恋沙汰を起こして、サークルの人間関係を悪化させてしまう女性のことを指します。

八方美人で執着心が強い、サークルクラッシャー女は、友人の彼氏であっても躊躇せず寝取ろうとします。意外に地味でおとなしそうな子が多いので、「この子は大丈夫だろ!」と油断していると危険。

そこでここでは、20代男女の被害エピソードから、「サークルクラッシャー女」を4タイプに分類してみました。

失恋の寂しさを男で癒す「かまって系クラッシャー女」

▽「彼氏に振られて落ち込んでいる……と職場の後輩女子(A子)から頻繁に飲みに誘われることがありました。悩み相談をされるうちに、だんだん可愛くみえてきて1回だけホテルへ。その数か月後、同僚4人で飲んでいる時に酔った一人が『俺、A子さんに言い寄られてて……』と暴露。どうやら同じ手口で職場の男性陣3人に手を出していたようです」(28歳/サービス/男性)

結局、その事実をA子さんに追求することはなく、1年後にA子さんが転職をして終結。穴兄弟となった3人は「優しさ」を利用されたような気がして、しばらく女性とのお付き合いが怖くなったそう。

かまって系クラッシャー女は、寂しがりやで承認欲求が強め。もともとメンタルが弱く、自分に自信がないため、常に支えてくれる男性がいないと生きていけないタイプです。

ひたすらハンティングを楽しむ「野獣クラッシャー女」

▽「コネ入社の同期(B子)は職場に5人もセフレがいました。2人でランチに行くと、必ずと言っていいほど『昨日はアノ人とヤっちゃった!』と楽しそうに話していたのですが、ある日B子と寝て本気になった男が同僚に恋愛相談をしたことから、B子の奔放な性事情が発覚。社内でバトルが勃発し、B子のセフレたちは全員異動を言い渡される始末」(27歳/メーカー/女性)

ちなみにB子さんは社長令嬢だったそうで、奔放にお遊びしていても痛い目にあうことはなかったそうです。

彼女のように、恋愛の駆け引きやハントするまでの過程を楽しみたいタイプは、野獣クラッシャー女と呼びます。とにかくいろんな人と試してみたいという欲求が強く、恋愛テクニックにも長けているのが特徴。八方美人であらゆる男性に思わせぶりな態度をとるため、狭いコミュニティ内でも一瞬にして男性を食い荒らしていくのです。

複数の男からちやほやされたい「姫系ラッシャー女」

▽「昔、演劇サークルの同期だったH子は、常に『お姫様扱い』してあげないと機嫌が悪くなるタイプ。男子の前ではあからさまなぶりっ子など、色目を使うのが得意でしたね。舞台の準備でちょっとけがをしただけでも、大げさに痛いフリをしたりして。甘え上手だから男子たちもコロっと引っかかっていました」(24歳/マスコミ/女性)

姫系クラッシャー女も自分に自信がないのが特徴。ルックスや恋愛経験にコンプレックスを持っている人が多く、一人の男性と真剣にお付き合いするのは苦手。男性の注目をひくために、わざと話を盛ったり、大げさな自慢話をする一面も。

先輩の彼氏も平気で寝取る「横取りクラッシャー女」

▽「同じサークルにわざと彼女持ちの男性に近づいて、略奪する子がいました。同期やサークルの先輩を寝取り、最後は気まずくなったようで自分からサークルを辞めていましたが……。この前、久々に会ったらいまだに懲りていないようで、職場でも既婚者や婚約者のいる男性ばかり狙って、手を出してるみたい」(25歳/IT/女性)

やたらと他人のものに執着するのもサークルクラッシャー女の特徴。傍から見ている分には楽しいですが、うっかり自分の彼氏を取られないように注意したいですね。

以上、読者の声を参考にサークルクラッシャー女の分類をしてみました。サークルクラッシャーは、見た目では分かりにくいのが特徴です。身近な女友達に当てはまる部分があったら、適度に距離を保ち、絶対に彼氏は紹介しないようにしましょう。

よく読まれている記事