人事担当者の37.7%が学生のFacebookをチェック!就活生向けSNS講座

9f00758be7ffde6b714f036cde568bfa_s

ゆとり後半組になると、就活まっただ中の人も多いのではないでしょうか。周りが内定をとっていくなか、就職先が決まらないと焦ってしまうこともあるでしょう。

「面接では手ごたえがあったのに……」「受かると思っていたのに……」と首をかしげている人もいるかもしれません。もしかしたら就活がうまくいかないのはSNSのせいかもしれませんよ……!

実は人事採用は……「SNSをチェックしていた!」

今では多くの人が自分のアカウントをもち、活用させているTwitterやFacebookをはじめとしたSNS。ネット上だし……と、自分の好き勝手に振る舞っていることもあるのではないでしょうか?

JOBRASS就活ニュース2016によると、人事採用担当者の37.7%が就職活動にきた候補者をSNSで検索すると回答しています。約4割もの採用担当者がSNSを見ているとは……驚きですね。単純に計算して2~3社に1社は、自分のSNSを検索していると考えてよさそうです。

さらに、そのなかでも19.8%の採用担当者が「投稿内容を重視する」と言うではないですか……。

SNSアカウントのなかに恋人と撮ったキス写真や飲酒喫煙などのプライベートな投稿が全体公開されている場合、「会社に入ったときにも公にされてしまうかも……」と候補者からはずすこともあるそうです。

最近ではバイト中に悪ふざけをして炎上したり、問題発言によってネット上で話題になったりとSNS上で目に余る事件が相次いでいます。ネットだからと自分本位に使っていても、SNSは「公の場」であることは間違いありません。

プライベートと公の場を区別できていないことは、社会人としてあるまじき行為。会社にとって「炎上」は企業イメージを悪くすることにもつながるので、SNSだから仕方がないといって簡単にスルーしてくれる問題ではないのです。

人事採用チェックを逃れる方法

とはいえ周りの情報もチェックしたいもの。アカウントを消さずにいるためにはどのような対応が望まれるのでしょうか?

非公開・鍵アカウントにする

▽「どの過去までさかのぼって見られるかわからないので、SNSはすべて非公開に変えた」(22歳・メーカー)

もっとも簡単なのが、アカウントを非公開にすること。うっかりブラックな内容をつぶやいてしまったときも、見られることがありません。

良識的なつぶやきやコメントをする

▽「就活中はSNSでリア充アピールをするのを避けた。お酒飲んだり遊びに行ったりする写真はすべて非公開にして、まじめなことを書くようにした」(22歳・出版)

就活中は、彼氏とのラブラブ写真やネガティブな発言は避けたほうが無難。マジメなつぶやきをシェアしたり、友達の投稿にコメントするくらいがちょうどいいとの声も。

逆手にとってアピールする

▽「絶対にこの会社に入りたい……!っていう熱意を残した。そのおかげかはわからないけど、次の面接に進めた」(23歳・IT)

採用担当にチェックされているというのを見越して、その会社への熱意を語るのもありかもしれません。もちろん会社名は伏せ、「いい会社だった」「やる気が出た」といったアピールをしましょう。

就活は苦しいものですが、終われば達成感に満ち溢れるはずです。うまくいかなかった会社とは縁がなかったとスッパリ諦めて、輝かしい内定を手に入れましょう!

よく読まれている記事