一度就職してから再スタート!社会人学生が増加しているワケ

bcd6d900d55d44803d9ae06d505d0504_s

近年、社会人ながら大学院や専門学校に通う「社会人学生」が増加傾向にあると言われています。大学等を卒業し、一度は社会に出ながらも、再び学び直すそのワケとは一体何なのでしょうか。

資格や技術が欲しい!

高校卒業後の進路を決めるのは17~18才。漠然と学校選びをしてしまう人は少なくはないでしょう。

しかし、大人になって様々な経験を重ねていくうちに、本当にやりたいことや、それに必要な技術や資格が明確になってくるもの。また、不景気ゆえに、一生食べていけるような「コレ」という安定した職を手にしたい人は増えています。

現実主義者の多い今の20代。社会人学生と言うと、脱線しているように思われがちですが、実は長期的な計画のもとに実行されているのです。

多様化するライフプラン

定年まで同じ会社で働き続ける人は減少傾向にあり、代わりに転職や独立が当たり前となっている昨今。また、特に女性は結婚や出産などを機に、「ライフワークバランス」を見直さなければなりません。

こういった人生の分岐点で、これまでの経験を踏まえて、新しい知識や技術を得たいと思うのは必然なのかもしれませんね。

固定観念に囚われない!

一昔のような競争を促すものではなく、「オンリーワン」な個性を認める教育を受けてきた我々の世代。決まりきったレールに沿って生きるのは窮屈なのでしょう。

ストレートに就職せずにやりたいことを優先したり、一旦会社をやめて学校に入り直したりしても、厳しい視線を向けてくる人は少なくなり、後ろめたさもあまり感じません。このように、「やりたいこと」に集中できる環境が整っていることも、社会人学生増加に大きな影響を及ぼしているようです。

結婚年齢の上昇

結婚して家庭を持ってしまうと、家計のやりくりや家事と仕事の両立等の面から、学校に通うのは難しいですよね。子供が生まれたら尚更です。

しかし今の平均初婚年齢は男女ともに30歳前後。再び学校に通い始めるのが20代後半だとして、それから新しい職を手にするまでのプロセスを経ても、家庭という現実に向き合うまでの「タイムリミット」には間に合うと言えます。

つまり今の20代は以前と比べて、自由な時間が多く、自分を高められる機会に恵まれているのでしょう。

親の援助のもとにあった学生時代とは違い、自分で学費や生活の工面をしなければならない社会人学生。そのモチベーションは高く、短期間で集中して知識や技術を習得する傾向にあります。

20代ならば、いくらでもやり直しがきくもの。「今から始めても遅いかな?」とひるまずに、チャレンジしたいことがあれば積極的に行動に移してみてもいいかもしれませんね。

よく読まれている記事