生理中に吐き気やめまいを引き起こす「タンポンショック」に注意!

生理の時に使う「タンポン」に隠された危険とは?

普段は生理中にナプキンを使っている人も、海やプールの予定とかぶるとタンポンを使用する女性も多いでしょう。

ショーツに貼り、経血を外側から吸収するナプキンと違い、膣内に円筒状(または球状)の綿やガーゼを挿入して内側から経血を吸収する「タンポン」。漏れにくく、動いても安心と愛用している女性も多くいるようです。

ところが「タンポン」を使用することで、ごくまれに「トキシックショック症候群(TSS)」を引き起こしてしまう人もいると言われています。いったいどのような病気なのでしょうか?

トキシックショック症候群(TSS)とは

トキシックショック症候群は、敗血症のひとつであり短い時間の間に重い病態を引き起こす病気のことです。これは、黄色ブドウ球菌がつくる毒素が原因で起こると言われています。

黄色ブドウ球菌はバクテリアの一種で、3人に1人の割合で鼻腔や皮膚、頭髪、脇の下、膣などに生息しています。とはいえ、黄色ブドウ球菌をもっていても多くの場合は健康上の問題は引き起こしません。

そのため、TSSが発症するのは極めて珍しいケースです。TSSにかかると次のような症状が表れます。

・突然の高熱
・吐き気
・筋肉痛
・下痢
・粘膜充血
・倦怠感
・めまい
・失神

異変を感じたらすぐに医療機関で治療を受けないと、血圧低下などのショック状態に陥り、最悪の場合死に至ることもあります。

トキシックショック症候群(TSS)の原因

トキシックショック症候群は、TSS毒素をつくる黄色ブドウ球菌が身体に定着、もしくは感染し、たくさん作られた毒素を体内へ吸収することによって発症します。

TSSとタンポン使用の関連性ははっきりとはわかっていませんが、報告されている発症者の半数はタンポンを使用している女性であり、タンポンの高い吸収性が原因ではないかと考えられています。そのため、「タンポンショック」とも呼ばれています。

また、タンポンを使う際に手が汚れていたり、長時間タンポンを取り出し忘れていたりすることで、黄色ブドウ球菌が増殖し、毒素をつくりやすくするのです。

膣内の免疫機能が低下している産後初めての生理や、産後8週間までの生理は、TSSになりやすいと言われているので、タンポン使用は避けましょう。

一方で、TSSの残りの半分の発症例は、切り傷ややけど、虫刺されや炎症性の腫物、手術後の局所感染によって起こっています。タンポンを使用している女性に限らず、男性や子どもなど誰にでもかかる可能性があるのです。

タンポンを使うときに気を付けるべきこと

前述したように、発症者のうち約半数はタンポンを使用している女性です。TSSを引き起こさないためには、次のものに気を付けましょう。

・生理中はタンポンばかりを使用するのではなくナプキンを交互に使う
・経血量に合った吸収量の少ないタンポンを使う
・タンポンを使うときには手を清潔にする
・一度に2つ以上使用しない
・寝る前には新しいタンポンと交換する
・説明書に書かれた使用時間をきちんと守る

記載された説明書をよく守り、正しくタンポンを使用することがTSSを引き起こさないためにはもっとも大切です。また、「自分には合わないな」と思ったら使用をやめることも大事でしょう。

参考:一般社団法人日本衛生材料工業連合会

よく読まれている記事