働く女性に聞いた「将来のお金に関する不安」第1位は?

写真:保険クリニック調べ

少子高齢化などでこれからの年金や社会保障制度に不安が多い今、働く女性たちはどんなことに悩んでいるのでしょうか。

保険クリニックが実施した調査によると、20~60歳の女性のうち、「将来の経済的リスクはある」と回答した人は500人中わずか33人。残りの93%は何かしらの経済的不安を感じていることが明らかとなりました。

ここでは働く女性の三大不安とそれに対する備えについて迫ってみました。

働く女性の三大不安は「自分の老後」「病気」「親の介護」

まず、「自分にとっての“将来の経済的リスク”には何があると思いますか」と質問したところ、最も多かったのは「自分の老後」(376人)でした。

次いで、「病気などで働けなくなること」(292人)、「自分や配偶者の親の介護」(280人)などが過半数を超え、働く女子の三大不安には「自分の老後」「病気」「親の介護」があることが明らかとなりました。

その他、「失業すること」(176人)、「配偶者の死亡」(91人)、「子供の教育資金の準備」(56人)、「住宅ローン」(47人)など、収入が途絶えることや、人生の三大出費とされる「マイホーム」「育児」などにかかる費用に対して、不安を抱える声も多数みられました。

備えのカギは「貯金と保険」にあり?

続いて、「将来の経済的リスクへの備えとして、何をしていますか」と質問したところ、「貯金」が最も多く280人でした。

貯金額については、「月収の10%以内」と回答した人が64%。家計の適正配分では、貯金は10~15%くらいと言われています。それと比較すると、将来のために適正な金額を貯蓄に回せている人は、少数派のようです。

将来の備えとして2番目に多かったのは、「保険」(172人)でした。保険に加入している人の割合は、80.4%。保険の種類については、「医療保険」(307人)、「がん保険」(158人)、「終身保険」(153人)、「個人年金保険」(141人)などが上位を占めました。

一方で、「将来の備えとして、何もしてない」と回答した人も126人いました。その理由については、「何とかなると思うから」(81人)が最も多く、将来に対して漠然とした不安は感じていても、「人生、なんとかなるもの」と楽観視している様子が伝わってきました。

自活女子を目指そう!

結婚、出産、マイホーム、子育て、老後。これらにどのぐらいのお金がかかるのか、しっかり把握している人は意外と少ないもの。

まずは将来のライフプランを考え、何にどのぐらいのお金が必要なのかを計算してみましょう。生涯支出の総額が見えてくると、副業や投資など手持ちのお金を増やす方法にも意識が向くはずです。

お金に関する不安が尽きない時代ですが、収入と支出のバランスを見直し、いざというときに自活できる女子を目指しましょう。

よく読まれている記事