「都合のいい女」は片づけ下手!?イイ女になる「年末の大掃除」の方法

ソファに座る少女

今年も残りあとわずか!あっという間に1年が過ぎ去っていきますね。この1年、溜めに溜めた埃やいらないものを年末の大掃除で一気に捨てようと考えているゆとり男女も多いでしょう。なかには「来年こそは恋人ゲット!」なんて目論んでいる人もいるかもしれませんね。

気持ちよく新年の恋愛をスタートさせるためには、大掃除は欠かせない要素のひとつです。なぜなら、片づけが下手な汚部屋の人ほど「都合のいい女」「都合のいい男」になってしまう傾向があるからです。今回は、その特徴別の大掃除の方法をご紹介していきましょう!

汚部屋は「自分を大事に扱っていない」

「自分しか見ていないからいいやって思いながら汚部屋に住み続けて早3年……」(24歳・事務)

汚部屋に住み続ける人は「自分しか見ていないから」を言い訳にして部屋を片づけることをしません。自分「なんか」が生活する部屋はキレイでなくてもよいと考えているからです。人のためならキレイにできる部屋を、自分のためにキレイにすることができないのは自分を大切に扱っていない証拠。自分さえ大事に扱わない人が、他人から大事に扱われるのはとても難しいのです。

今すぐ捨てるべきもの

・毛玉のついた服
・伝線したタイツ
・雑巾と化したタオル

モノが多い「目の前の誘惑に流されやすい」

「面倒だから週末にやろうと思っているうちに、いつの間にか年末」(27歳・フリーライター)

片づけをせずに放置している人は、目の前にある誘惑に負けやすい人ともいえるでしょう。刹那的に生きているため、将来的な見通しが立っていません。「もう少しだけ……」と不毛な恋愛を続けるうちに、年だけとっていた……なんていうこともザラ。浮気相手や不倫相手にならないようご注意を。

今すぐ捨てるべきもの

・衝動買いして使っていないもの
・元カレとの思い出の品
・使わないご当地のお土産キーホルダー
・サンプル化粧品

汚部屋の自覚がない「客観的に自分を見られない」

「周りから言われるほど汚いと思ってないし、過ごしやすい」(28歳・医療)

汚部屋に住んでいる人は、自分を客観的にみることができない傾向があります。簡単に手に入る幸せに目がくらみやすいので、スピリチュアル系のグッズやお守りを大量に持っている傾向があります。自分の軸がブレブレなので、ブランドものにも目がくらみやすい傾向があります。

今すぐ捨てるべきもの

・スピリチュアル系の本やアイテム
・高かったからという理由だけで捨てられないブランド品

少々辛らつでしたが、自分を律して捨てるべきものを捨てれば、気持ちよく新年をスタートさせることができるはず。恋愛も生活も絶好調な2016年を目指したいですね!

よく読まれている記事