これぞゆとり流!2016年版「目標の立て方」講座

iStock_000061427230_Small

新しい年が始まると同時に、不思議と気持ちも刷新され、目標を立てたくなりますよね。しかし、理想を高く持ちすぎるとなかなか達成できないもの。これまで数々のプチ挫折を経験してきた人は少なくないでしょう。

そこで今回は、ゆる~く達成できる、「ゆとり世代的2016年の目標の立て方」をご提案します。

長期スパンでの目標を立てるべからず

1年の目標を立てようとすると、「今年こそは10キロ痩せる」、「ポジティブになる」など、非現実的だったり漠然だったりといった計画になりがち。しかし、1年といった期間は案外短いもので、結局達成出来ずに萎えてしまうことが多いのではないでしょうか。

まずは1~2ヶ月で達成出来そうな、「2ヶ月で1キロ痩せる」、「今月は週1で走る」などといった小さな目標を立てましょう。 ひとつ達成するとやる気が出て、どんどんステップアップしていくことができますよ。

目標の数は多く!時には頑張ることも大事

目標を一つに絞ってしまうと、もし達成できなかった場合、その負担は大きくのしかかってしまいます。 いくつか目標を立てれば、一つくらい達成できなくても、「こっちはできなかったけど、こっちはできたからオッケー!」と自己肯定することができるでしょう。

その際に気を付けたいのが、例えば10個目標を立てるとしたら1~2個は少し背伸びすること。人間追い詰められた時の方が、効率良く物事を行うために工夫するもの。楽な目標設定だとナメてかかるので、以外と達成出来なかったりするのです。

最初の1~2ヶ月はお試し期間ということで、難しい目標は立てなくていいかもしれませんが、徐々に慣れてきたらワンランク上の設定を。

ご褒美を用意する

「今月は資格勉強のために1日30分毎日勉強できたから、1万円のニットを買っちゃおう」など、短期スパンでの目標を達成するごとに、自分にプチご褒美をあげましょう。

ここで大切なのは、いくらお財布や時間に余裕があっても、目標を達成するまで好きなモノは我慢すること。ご褒美だけ貰い続けては意味がないので、そこは自分に厳しく行きましょう!

手帳に目標とご褒美内容を書いて、達成できたらシールを貼るなど、可視化するとモチベーションもアップして、1年間続けることができますよ。

毎年は挫折しがちなあなたも、今年こそは「ゆとり流目標設定」を試してみてはいかが?来年の今頃は、一皮むけた人間に成長しているかもしれませんよ!

よく読まれている記事