都会がイヤになってきたら・・・ゆとり女子への「海外移住」のススメ

iStock_000039082520_Small-min

仕事も楽しくないし、恋愛もうまくいかない……20代って実は、そんな毎日の閉塞感に嫌気がさしてきている時期かも。

そんなとき、ただじっとやり過ごして、時間が解決してくれるのを待っているのはもったいない!一度きりの人生、楽しく過ごすためには、ときには思いきりが必要。もし「何かを変えたい!」という気持ちがあるなら、おすすめなのが海外への移住です。

そこで、20代の女子にすすめたい、海外移住の魅力について紹介します。

無料で留学できる国がある

まず、20代という若い時期に移住を考えるなら、まずは就学ビザで現地の大学に留学するというのが現実的な選択です。とはいえ、留学できるほどの資金なんてない……!というゆとり女子が多いかも。 もちろん、アメリカやイギリスなどの英語圏への留学はかなりの高額の費用を請求されます。

ところが、ヨーロッパに目を移すと、なんと、留学生でも授業料が無料になるという国がたくさんあります。たとえば、ドイツやノルウェーなどがそうです。 また、無料とはいかなくても、多くのヨーロッパの国への留学は比較的安い資金で実現させることができるんだとか。

生活コストが大幅に下がる

日本でひとり暮らしをしていると、家賃や光熱費などの生活コストで生活が圧迫されることが多々あります。中でも東京は、世界的にみても、かなり生活コストが高い都市です。 海外で生活したことがある人は、口をそろえて生活コストの安さに驚いたといいます。

とくにインドネシアやタイなどのアジア圏なら、日本で生活しているときの半分以下で生活できる可能性もあります。 もちろん、現地の企業に勤めることが一番ですが、たとえば、ライターなどリモートワークが可能な仕事をすれば、日本の仕事を請負いつつ、現地で生活するということも不可能ではありません。

人とは違う体験ができる

そしてなにより、周囲の多くの人ができないような体験ができることが海外移住の一番の魅力です。日本とは違う文化や価値観のなかで生活することで、自分の成長にもつながるはず。

また「自分の人生に大きな変化を起こせた」という事実が自信につながり、これからの人生に必ずプラスに働きます。そのうえ「海外移住した!」なんて言ったら、周囲から注目されること間違いなし! 仕事の幅や交友関係も広がって、きっとそれまで感じていた閉塞感はどこかへいってしまうでしょう。

海外移住はゆとり女子のかしこい選択

海外移住、というと「自分とは縁のない話だ」とおもってしまうゆとり女子がほとんどかも知れません。でも実は、決して夢のような話ではないんです。すこしの行動力と勇気があれば叶うはず。

たとえば、学生時代、留学したいと考えていたけれど、何かの事情で断念せざるを得なかった人にとっては、もう一度夢をかなえるチャンスになるかも。また、20代はいろいろな転機が訪れるとき。長年付き合っていた彼氏にフラれた、仕事がキツくてうつになりそう……など、マイナスな状況にある人は、思い切って自分をとりまく環境をまるっきり新しくしてしまうことがプラスに働くかもしれません。

ゆとり女子の人生の選択肢のひとつとして、海外移住という候補をもっていてもいいのではないでしょうか。

よく読まれている記事