他人事ではない!?ゆとり世代が気をつけたい「心理的ひきこもり」とは

iStock_000067452915_Small-min

1日中部屋の中で布団を被りながらインターネットにゲーム三昧、家族とも関わることなく、ドアの前に置かれた食事をひっそりと摂取する……。「ひきこもり」といえばこのようなイメージが強いのではないでしょうか。

一方で、普通に学校や仕事に行き、滞りなく社会生活を送っているように見えるのに、他人と関係を深めることを回避したがる「心理的ひきこもり」に陥る若者もいるそうなのです。彼らは一体どんな症状や原因を抱えているのでしょうか。

もしかしたら、現代人の抱える根本的な闇かもしれない「心理的ひきこもり」。心当たりのある人も、自分とは無関係と思っている人もぜひチェックしてみてください。

「心理的ひきこもり」の症状とは?

「心理的ひきこもり」の症状を抱えている若者は、普通に学校や仕事に行くものの、他人と関わることを極力避け、一人でいることは前述した通り。人とコミュニケーションを取ることは避けるのに、それでも外に出ていくのは人の視線や評価に対して過度に敏感だから、と言えます。

つまり「家族や社会からの目が気になるから外に出るけど、人が怖いから関わりたくない」といった状態です。

また、常に孤独というわけでもなく、一見普通に人と会話を楽しんでいるように見えても、深くかかわり合うことは回避し、特定の親しい仲間を作らないというパターンもあります。そのため、「あの人ってなんか壁を感じる……」と違和感を覚えられ、結果、周囲から浮いてしまいがちな存在に。

この場合だと、「一匹狼」や「内向的」な性格と本人すら区別がつきづらく、「自分はダメな人間だ……」「社会不適合者だ……」と悩んでしまうのだとか。

休日も人と遊ぶことはないので、一人で思い詰めてしまう時間は十分。そして更に殻に閉じこもってしまうという、悪循環が生じるのです。

「心理的ひきこもり」の原因

「心理的ひきこもり」に陥ってしまう原因は人によって多種多様。しかし、家族友人やとのこじれによって人に対して恐怖感を抱き、信用できなくなってしまったなど、何らかの「過去」に囚われてしまっている所が共通点と言えます。

傷つけられたことにより、人を恐れてしまう症状を改善するのは、その後に人を心から信頼する経験を通過してこそ。しかし「心理的ひきこもり」に陥ってしまう人は、その機会が得られなかったのでしょう。

更に、インターネットを通じてあらゆる人の意見を見ることのできるこの時代。常に周囲に人がいるかのような錯覚を起こし、孤独を感じないため、一人でいることに限界を感じないことも。

また、ネット上では「人間に不信感を抱いた」エピソードがゴロゴロ転がっているため、「やっぱり人と関わってもいいことがない」と、頭で決めつけてしまうのです。やはり情報過多のこの時代が、無関係とは言えないのかもしれません。

シンプルな改善方法とは

完全に社会とも遮断された「社会的ひきこもり」とは違い、外の世界と関わりを持っているため、本人の心持ち次第で改善は比較的容易です。

しかしその「本人の心持ち」を変えることこそが、孤独に悩んでいる人にとっては難しいこと。何せ周囲に理解してくれ、解決に導いてくれる存在がいないのですから。そうなるとやはり、カウンセリングに頼ることが一番の近道になります。

また、趣味関係で友達を作ってみるのもよいでしょう。何もいきなりテニスをしろとは言いません。インドア系でも、愛好仲間は必ずいるはず。共通の話題で盛り上がることができれば、「心理的ひきこもり」の人にとっては希薄な、自己肯定感が得られるようになるでしょう。

もしかしたらあなたの隣にもいるかもしれない「心理的ひきこもり」の若者。「コミュ障」などと簡単な言葉で片づけられてしまいがちですが、もしかしたら深い心の傷を負っている可能性が。

なんだか浮いてる人がいたのなら、勇気をもって彼らに話しかけることで、少しは救えるのかもしれませんね。

よく読まれている記事