ゆとり世代こそ考えよう!「結婚しない」ライフプラン

iStock_000057106674_Medium-min (1)

専業主婦願望を抱く若い女性は増えているようですが、反比例するかのように結婚率は下がるばかり。2030年には女性の4人1人が生涯独身になるとも言われています。

そこで、人生の基盤をつくる20代の今だからこそ「結婚をしない場合のライフプラン」を考えてみましょう。

20~30代はしっかり働くべし

女性が一人で生き抜いて行くには、やはりキャリアとお金がモノを言います。安定して収入を得られる公務員や、看護師のような資格職は食いっぱぐれることもないので安心。

また、上昇志向が強く、バイタリティのある女性ならいわゆる「バリキャリ」を目指すのもいいかもしれません。

どのような職業に就くにせよ、20代のうちは自分に合った職業や働き方を模索しつつ、30代のうちにはその業界でしっかりと信頼を得られるような基盤を作っておきたいですね。

独身友達を作るべし

気ままな独身貴族も悪くない、と思うもののやはりついて回るのは老後の孤独。今は家族や友達がいても、結婚し家庭を持てば自ずと疎遠になってしまいます。

しかし、独身を貫く女性も増加しているのも事実。そうした友達も周りに少なからず出現するはずです。30代後半~40代になったら独身仲間とは更に連携し、絆を深めておくといいかもしれません。

独身を貫くと腹をくくったならば、ルームシェアをして家族のような存在にになっちゃうのもアリでしょう。

老後の収入源を意識するべし

介護してくれる子供もいない独身貴族がもっとも不安なのは、老後ではないでしょうか。

そこで最後頼れるのはやはり老人ホーム。しかしその資金が膨大だという噂は耳にしたことがあるでしょう。老人ホームで快適な老後を過ごすためにも、無駄遣いは避けてしっかり貯蓄することが大切。自分の給料はすべて自分のためだけに使える独身だからこそ、目先の誘惑に騙されることなく自制する必要があるでしょう。

また、体がついていくなら定年後もパートやフリーランスで働くことで、経済的にも精神的にもより豊かな老後が過ごせるはず。

独身だからといって哀れまれるのではなく、むしろ「いつまでも若々しい素敵な人ね~」と憧れられるようなおじいちゃん・おばあちゃんになりたいものですね。

人生は何が起こるか分からないもの。結婚願望が強いのに独身を貫くこともあれば、逆もまた然り。

備え在れば憂いなしということで、どんな状況に陥っても強く生きられる方法の一つとして、今回ご紹介したライフプランを参考にしてみてくださいね。

よく読まれている記事