五月病対策にも!新社会人オススメな朝活3選

iStock_000075740431_Small

ゴールデンウィークが終わると、通常の生活に戻ると、なんだか会社に行くのが憂鬱……なんて人も少なくないのではないでしょうか。

睡眠が大好きで起きるのが苦手な人にとっては、なおさら大変ですよね。特に、新入社員にとってはまだまだ早起きに慣れず、苦労している人もいるかもしれません。

そこで今回は、出社前に『朝活』して早起きしよう!ということで、新社会人にオススメの朝活をご紹介します。

1.料理

一人暮らしの新社会人なら、朝活で料理を作ってしまいましょう。

仕事でクタクタになったあと、帰宅してから夕食を準備するのは、誰だって大変です。でも、朝作っておけば、帰宅後はあたためて食べるだけ!

特に、4月入社のゆとり男女は、まだまだ生活リズムもつかみきれていないはず。しっかり食事をとると、体調を崩すことがなくなるので、責任ある仕事を任される日も遠くないかも?

もちろん、実家暮らしのゆとり世代も、「水曜日は、私がつくるよ!」とたまに料理を担当すると、家族からも喜ばれると思いますよ。

2.デスクでニュースチェック

若手と呼ばれる今だからこそ、早くから会社に行って『やる気』アピールするのもアリ。もちろん仕事をしても良いのですが、ニュースチェックをして視野を広げるだけでもかなり違います。

朝ボーッとしてしまうという人は、ニュースチェックは頭の体操にもなります。就業前に終わらせておけば、就業時間にしっかり働けて良いことづくめ。もちろん、「あの子は、いつも早くから来ていて偉いな」と周囲に思わせることもできます。

仕事してるわけじゃなくても誉められるなら、デスクで朝の時間を過ごすのも一つの手ではないでしょうか。

3.恋人と朝食

仕事もまだまだ慣れない、友達も大事にしたい……そんな新社会人にとって、平日の夜や休日に毎回恋人と会うわけにはいきません。とはいえ、恋人のことも大事にしたいですよね。

そこでオススメなのが『朝活』として恋人との時間を過ごすのは、もっていこいなのではないでしょうか。朝ごはんを抜きがちな人も、恋人との朝食と考えれば楽しんで続けられるのではないでしょうか。

ちなみに恋人がいないという人は、朝行う合コンもあるようなので(もちろん、お酒なし)調べてみては?

何か予定でもないと、朝の誘惑を断ち切るのは至難の業。自分にあった『朝活』を見つけて、ワクワクと起き、楽しい1日のスタートを切れるようになると良いですね!

よく読まれている記事