機嫌悪そう……イライラ上司のとばっちりを食らわない3つの方法

Businessman

組織で仕事を進めていく中で、上司の存在は必要不可欠です。時に的確な指示を、時に失敗を叱ってくれる存在でもありますが、上司だって人間。自分との相性によっては、仕事のやりやすさも大きく左右されてしまいます。

しかし、もともと感情の起伏が激しい上司にあたると突然機嫌が悪くなることも。そんなことで自分のモチベーションが下がってしまっては元も子もありません。

今回は、上司の機嫌が悪い時にとばっちりを食らわず、自分の精神的な負担を最小限に抑える方法をご紹介します。

1:流されない

新卒の頃だと、自分自身が何もわからないゆえ、「上司の言っていることが全て正しい」と思ってしまいがち。しかしそういった考えも度を超すと、何か言われるたびに「自分が間違っているのではないか」という気持ちに苛まれてしまう危険があります。

しかし上司だって時には間違えることも。そのため仕事をする上でも「自分を持つこと・流されないこと」が大前提になります。「上司は上司、自分は自分」ということを心の底に意識しておきましょう。

もちろん自分の仕事を確実に取り組む姿勢は大事ですが、理不尽に責められても「自分のせいだ」と思いこまないようにすることは大切です。

2:報・連・相は簡潔に

上司の機嫌が悪い時にどうしても関わる必要が出てきてしまう場合は、普段以上に簡潔に説明することを心がけましょう。

相手が不機嫌な時に、冗長な説明をしてしまってはますますイライラを増長させてしまいます。なかなか声をかけづらいときだからこそ、こちらもなるべく話を短く済ませることが重要です。

とくに普段からホウ・レン・ソウが苦手で、説明をすることが苦手な人の場合は要注意。説明する前に、簡単なフローチャートを自分で作って話す構成を作っておくとよいでしょう。口数が少ない状態の相手に、こちらが多弁で行く必要はありません。

「原因・現状・今後の対応」をきっちり話しておけば、よほどのことがない限りネチネチ言われることはないはずです。

3:自分の仕事をきっちりと記録しておく

そもそも上司がなぜ機嫌が悪いのかを知る必要はあまりないと思います。仕事のことであれば察する程度でよいのかもしれませんが、そうでない場合や理由がよくわからない場合は下手に詮索すると、こちらが疲れてしまいます。

しかし、機嫌が悪い状態だからこそ、怒りの矛先がどこに向いてくるかがわからないのも事実です。突然矛先を向けられて、自分のペースを乱されないためにも、自分の仕事の記録をしっかりとつけておきましょう。

とくに機嫌が悪いと、無駄に進捗状況を聞いてくる上司も多いです。わざとアラ探しをしようとする人もいるので、きっちりと自分の状況を記録として残しておきましょう。記録に残すことは後に証拠としても残るため、非常に有用なものとなります。

逆に理不尽なことを言われた場合も「指摘」としてメモをしておきましょう。これも「記録」に残ります。

上司だって完璧な人ではありません。いつ何時も管理能力に長けている訳ではなく、余裕がないときだってあるのです。そんな時だからこそ、極力「触らぬ神にたたりなし」。上司のペースで振り回されてしまっては、自分にとってもマイナスです。自分らしく仕事につとめましょう!

よく読まれている記事