みんなどうしてる?人には聞けない「20代のボーナス事情」

買い物を楽しむ女性たち

今年もそろそろボーナスの時期がやってきました。一気にパーッと使ってしまう人、堅実にコツコツ貯金する人、人によって様々だと思いますが、20代はどんなボーナスの使い方をするのでしょう。

女性雑誌「JJ」がアラウンド25歳の女性読者30人を対象に実施したアンケートを基に、赤裸々な懐事情を覗いてみましょう。

20代のボーナスって大体いくら?

こういったお金にまつわる話は、いくら仲の良い友達にもなかなか聞きにくいもの。まずは、昨年の冬のボーナス(額面)をみてみたところ、平均49.8万円という結果に。50万円以上もらっている人は30%程度のようです。

職種別の平均金額をみてみると、総合職は42万円で一般職が58万円と、一般職が総合職を上回る結果になりました。総合職と一般職。それぞれに良さや大変さがありますが、一般職には大企業ならではの待遇の良さが表れた結果になりました。

また、あわせて「それは給与の何ヶ月分ですか?」という突っ込んだ質問も。1ヶ月~1.5ヶ月と答えた人が47.5%で一番多く、次いで2.1ヶ月~2.5ヶ月が31.7%いう結果になりました。一般的に大企業の平均が2.5ヶ月、中小企業の平均が1ヶ月と言われているので、会社の規模によって差が生まれるのかもしれませんね。

とはいえ、夏のボーナスは前年下半期(10月~3月頃)の勤務に対して支払われるものなので、新入社員はボーナスに過度な期待をしない方がよさそう。月給の半額から1ヶ月分ほどが別の名前で支給されるケースがほとんどで、大企業になればなるほど、この辺りは厳格なようです。

会社によっては支払われないケースもあり、新入社員の頃は「ボーナス1回払いで!」なんて調子に乗って、痛い目に遭わないように気を付けましょう。

気になる20代のボーナスの使い道

そんな、人によって様々といえるボーナス。世の女性たちはどんな使い道をしているのでしょう。昨年は「服」「海外旅行」「貯金」「バック」「財布」という順でしたが、今年は順位に変化がありそうです。

「この夏のボーナスの使い道(予定)は?」という質問には、「海外旅行」と答えた人が57.9%で断トツ。中でもNYやハワイ、スペインに行きたいと考える女性が多いようです。近場では台湾も人気でした。

次いで答えた人が多かったのは31.6%の「貯金」、21.1%の「バック」という回答でした。また、「国内旅行」「服」「結婚の準備」という使い道が15.8%で並びました。

あわせて「今までのボーナスの使い道で一番高額のものは?」という質問には、海外旅行(42.1%)、「バック」(31.6%)、「国内旅行」(10.5%)といった回答が出揃い、旅費の平均は海外が26.6万円、国内が5.5万円となりました。旅行のときは後悔のない旅にするため、大きな金額を使う傾向にあるようですね。

これらの結果から、旅行やお買い物などを楽しみつつも、貯金したり結婚準備の資金に充てたりと、しっかり者の20代女性が多いことも窺えました。

総合職と一般職のボーナスの違いなど、働く女性たちの本音は、就活生にとっても気になる情報かもしれません。是非、参考にしてみてくださいね。

よく読まれている記事