月曜朝の「会社行きたくない……」ブルーマンデーを乗り切る方法3つ

sad businesswoman

ビジネスパーソンにとっては一週間の始まりとなる月曜日。月曜日は「ブルーマンデー」という言葉があるくらい、多くの人にとっては非常に憂鬱な気分となる曜日です。

楽しい週末を過ごしたからこそ、余計に「会社に行きたくないな」と思う気持ちが大きくなってしまいがち。ここでは、そんな月曜の朝にふつふつとわきあがる、「会社に行きたくない気持ち」をなんとか和らげる方法をご提案します。

通勤途中や帰宅途中に楽しみを見つける

どうせ会社に行かなければならないのなら、週明けだからこそ思い切って早く家を出るのも一つの方法です。通勤途中にある気になるお店で、モーニングセットを食べてから出勤するなど、他の平日とは少しだけ贅沢な気分を味わってみましょう。

「朝はどうも苦手で……」という人は、そういった楽しみを帰り道に持ってくるのもありでしょう。「月曜日を乗り切った!」という自分へのささやかなご褒美を準備しておくといいかもしれません。月曜日の朝や夜は、まだ週末の余韻が残る状態でもあるからこそ、平日一週間を乗り切るきっかけづくりが必要と言えそうです。

これでもかというほど自分を褒めまくる

月曜日はとにかくモチベーションが下がりがちな曜日でもあります。そのため、「あれをしなきゃいけない」「これを忘れていた」と、仕事に関連することを一つ思い出すだけでも、どんよりとした気持ちに陥りがち。

前述の「自分へのご褒美」でも同じようなことがあげられますが、とにかく月曜日は自分の行動一つ一つを褒めてあげましょう。「電車に乗れた」「会社に時間通り着いた」といった小さなことでも構いません。褒めることで物事が調子よく順調に進んでいる様子を自分に言い聞かせて、実感させることが重要です。

下がりがちなモチベーションをゆっくり上昇させ、かつ持続させることが、週の始まりである月曜日に求められる部分でもあるでしょう。

月曜日の業務負担を減らす

月曜日の特徴には、ミーティングなど職場全体の仕事が多く入りがちなこともあげられます。そういったことに時間が取られてしまいがちだからこそ、個別の仕事は可能な限り抑えられるようにスケジューリングしたいところ。

新たな仕事に取り掛かるよりも、ルーティン作業を確実にこなし、ウォーミングアップをはかる程度に抑える方が、自分自身の負担にもならないでしょう。

また金曜日の夜に、あらかじめ月曜にすることを準備しておくことも一つの手。前もってやるべきことを決めておくだけでも、週明け早々にプレッシャーを感じず出勤できるようになります。無理やり仕事を進めるより、エンジンをあたためる曜日として捉えなるべく早めに仕事を切り上げるというのも、一週間を乗り越える上でのテクニックと言えるでしょう。

ついつい通勤の足取りが重くなってしまう月曜日。「行きたくないな……」と思う気持ちをどのように切り替えるかは人それぞれです。しかしどうしてもエンジンがかからない場合、たまには本当に休んでみるのも選択肢かもしれません。

よく読まれている記事