どこが違う!?お金たらしな人、お金にたらしこまれちゃう人の違い

コインを積み上げる女性

お金の話はなんとなくしにくい話題ですが、同じ年代だと、年収は似たり寄ったりなのではないでしょうか。ただ同じくらいの年収でも、貯金額は人によってかなり違います。それは、お金の使い方がうまいかどうかです。

お金の使い方がうまい「お金たらし」は、しっかり貯金があり、逆にお金に振り回されてしまう「お金の方にたらし込まれてしまう人」は貯金があまり無いのです。年収は変わらないのにこうなってしまう、両者の違いは一体なんでしょうか。

「値段が安いから」で買うと損する

セールや特売品などで買いすぎる人が「お金にたらし込まれちゃう損な人」に当てはまります。「お得だから、いつか使うかもしれないし買っておこう」「セールとなると、情熱がほとばしってしまう」と、つい買っちゃうのは実は損してるんです。

安いからという理由だと、本当にその商品自体が気に入ったのかどうか、自分でもわからないですよね。すると、結局その商品をあまり使わなかったり、安いゆえに素材がよくなくすぐに捨てることになり、浪費になってしまいます。

逆にお金たらしな人は、値段で買うものを決めず、本当に欲しいものを見極めてちゃんと買うようにしているのです。心から気に入ったものだと、長く使う傾向になるので、結果的にお得になっているのです。

「周りの人も持っている、やっている」という理由でお金を使わない

周りがトレンドのスカートをみんな持っているから、周りがみんなイベントに行くから、との理由で何かにお金をかけたことありませんか。

「みんなと一緒がいい」心理からお金を使っているわけですが、自分にとって本当に必要でない可能性も高いですよね。お金を使った後も、充実感があまりないままなので、その充実感を埋めようと更に浪費を重ねてしまう心理があります。

誰かと相談して納得した上で買う習慣を作ると、浪費しない

「お金たらし」の得するタイプは、家電など高額なものを衝動買いしません。欲しいものがあると、一旦誰かに相談。家族や友人、彼氏に相談すると「でもお前、そんなもの使う癖ないんじゃない?すぐゴミになっちゃうよ」思わぬアドバイスを得られることも。

一旦時間を置くことで、冷静にもなれます。さらにネットや雑誌で情報収集して、それでも欲しいもの!と思えたら、やっと購入に至ります。この習慣をつけてしまいさえすれば、誰かに相談しないことが気持ち悪くさえなります。

お金たらしになるには、自分が何が欲しいかを冷静に見極めることが大切なようですね。しっかり貯蓄していきたいなら、上手くお金を使うように上記のポイントを守っていくといいみたいです。

よく読まれている記事