喫煙女子ってどう思う?男子の生の声とタバコの影響が怖かった

Woman hands holding cigarette outdoor.

体に悪い嗜好品といえば、真っ先に挙げられるのがタバコ。消費税の引き上げに伴い、タバコの販売価格も引きあがる一方……にも関わらず、20代女性の喫煙率は12.3%。(厚生労働省「国民健康・栄養調査」2012年)。女性全体でみたときの喫煙率は9.0%です。また、20代女性の喫煙率に注目すると、40代女性の12.7%に次いで高い数字であることが判明しています。

「今では禁煙したが、過去にタバコを吸っていたことがある」という人まで加えると、喫煙経験のある20代女性は19.1%にまでのぼります。昭和40年度の20代女性の喫煙率が6.6%であり、この半世紀で約3倍増加していることに。

増加傾向にある喫煙女子ですが、男性はどのように思っているのでしょうか。また、喫煙が女性の身体におよぼす影響についてまとめてみました。「なんとなく」で吸い続けていると、思わぬデメリットがあるかもしれません。

喫煙女子、どう思う?

昔は、「タバコを吸うのはワイルドで男らしい」というイメージがありましたが、最近は街中で堂々とタバコを吸う女性の姿を目にすることが多くなりました。数年前と比較すると減少傾向にあるものの、女性の5人に1人が「喫煙経験あり」の現状。

映画やドラマなどでもカッコよくタバコをふかす女性の姿を見ますが、実際、男性からはどう映るのでしょうか。

▽「周りに配慮がない女性はイヤですね。食事の席で煙をぷかぷかしてる女性をみると、恋人にしたいとは思わない」(25歳/男性)

▽「どれだけ可愛くてもタバコを吸っている姿を見るだけで幻滅する」(23歳/男性)

▽「元カノが喫煙者だったのですが、デートをすると洋服やかばんにニオイがついてイヤだった。キスのときも正直萎える」(26歳/男性)

▽「細くておしゃれなデザインのタバコも出ているけれど、タバコはタバコ。吸っている人はまず恋愛対象に入らない」(24歳/男性)

インターネットで行われた調査の結果では、「タバコを吸う女性には魅力を感じない」と答えた社会人男性は、68.3%という結果に。特に、非喫煙者の男性は喫煙者の女性に対してかなり批判的のようです。

恋愛においても、喫煙がプラスにはたらくことはまず無いと言っていいでしょう。

タバコの体への影響って?

Closeup photo of pregnant woman

そんなタバコですが、体への影響については次のようなものが報告されています。

まずは外見への影響。タバコを吸い続けていると、歯のヤニや歯肉の汚れが目立ってきます。シミやシワも増えやすく、どんなにスキンケアや化粧品に気を遣っても台無しに。肌のくすみや乾燥も進んでいき、口臭もきつくなります。

肺や脳、血管や子宮など大事な部分へもダメージが蓄積されていきます。タバコをやめたら冷え性が治ったという話もありますが、これはニコチンが血管を収縮させ、血のめぐりを悪くさせているから。肺がんや子宮がんなど重大な病気を引き起こすことも広く知られていますよね。

さらに、生理や妊娠へも悪影響が。ニコチンが原因で、生理不順や月経困難症に陥ることもあります。喫煙している女性は妊娠しにくくなることも明らかになっており、結婚してから禁煙してもなかなか赤ちゃんを授かれないことも。また、喫煙者は非喫煙者に比べておよそ2年ほど閉経が早く訪れ、そのぶん老化が早まります。

妊娠中の喫煙では、早産や死産、低体重出生などといったリスクが増大します。さすがに大きなおなかで堂々とタバコを吸っている人はそういないでしょうが、子育て期間の喫煙もNG。母乳にニコチンが含まれ、それを飲んだ赤ちゃんがニコチン中毒になることがあるそうです。

赤ちゃんがタバコを誤って飲みこんだり、ライターをいじっていてヤケドをしてしまうこともあるので、百害あって一利なしです。

ストレス解消なら別の方法を!

アルコールなどと一緒で、タバコには「吸わずにはいわれない」という依存性が強いのが特徴です。ライラがスーッとする、頭がすっきりする……ストレスを軽くする方法として、なかなかやめられない女性も少なくありません。

しかし、それが将来に大きな影響をもたらすのは確か。バイトやサークル、就活など日々さまざまなストレスがありますが、ヘビースモーカーになる前に、たばこ以外で解消できる方法を探してみませんか。なんとなくで吸い始め、やめられずにいる女性は、これをきっかけに「禁煙」を心がけてみてはいかがでしょう。

よく読まれている記事