「これって本当?」就活の都市伝説に迫る!【OBOG訪問編】

two young business women

2018年新卒採用活動が、ゆっくりと始まってまいりました。就活未経験の学生は「先輩から、たまに話は聞いていたけど……」「ネットで情報は見てるけどイマイチわからない……」なんて人も多いのでは?

そこで、みんなの就活に対する疑問「これって本当?」を解明していきたいと思います。

これまでの【インターンシップ編】【説明会編】に続き、今回は【OBOG訪問編】です。

OBOG訪問ってするべき?

就活の話をしていると、「OBOG訪問ってするべきですか?」という質問をよく受けますが、答えは『自分のプラスになるなら、したほうが良い』です。

説明会などでも社員から話を聞く機会はありますが、個別に話を聞くことで、「○○さんにOBOG訪問をして、そのときに聞いたこんな話が印象に残りました」などと面接時にアピールもできます。本当に興味のある企業なら、話を聞いておいて損はしないはず。

逆に、あまり興味がない企業なのにOBOG訪問をするのは危険です。大学経由でOBOG訪問を申し込んできた学生と会ってみたら、まったくやる気が感じられなかったので、人事に「この学生を採用するのは絶対にやめた方がいい」と訴えた人もいるとか……。採用担当者は意外なところで繋がっているので、悪い評価が別の会社にも届いてしまうかもしれません。

OBOG訪問、評価はされている?

前項目で少し触れましたが、「すごく良い学生」と「すごく悪い学生」は必ずチェックされています。というのも、新卒採用は企業側にとってみれば大金をかけた一大プロジェクト。なるべく効率よく成功させたいに決まっているからです。

OBOG訪問時に「すごく良い学生」がいれば目をかけておくでしょうし、「すごく悪い学生」がいれば、要注意のチェックリストに加えるぐらいのことは、恐らく多くの企業でしていると思います。

筆者自身、銀行員だった頃は「話してみて『良いな』と思った学生は、名前と大学を支店長に報告するように」と言われていました。本来、OBOG訪問は社員から話を聞く場ですが、そこでも自分の良さをアピールできると心得た方が良いですよ。

OBOG訪問で、手土産は必要?

忙しい時間を割いてもらってのOBOG訪問。感謝の気持ちを伝えたいというのはわかるのですが、手土産は逆効果になる可能性があります。「受け取れない」と断られることもあるので、手土産の用意はやめておきましょう。

OBOG訪問を受けてもらった社員に感謝の気持ちを伝えたいのなら、話を聞いた後、別れ際に「本日はお時間をいただき、ありがとうございます」の一言を伝えましょう。さらに、すぐにメールや手紙を送り改めて感謝を伝えられれば十分です。

しかし、やりすぎると「媚びを売られている」と嫌悪感を抱く人もいますので、ご注意を!

OBOG訪問のNG質問とは?

周囲に話を聞いてみると、給与や有休制度についてばかり聞かれるのは、あまり良い印象がないとのこと。「会社の発表では『有給消化率○○%』と出ているけれど、実際はなかなかとれません」なんて本音を言えるはずもないので、聞かれると困るのだそうです。

また、NG質問ではありませんが、例えば内務営業の人に向かって「外務営業について教えてください!」と言うのはアウト。そうした場合は、「外務営業についても聞いてみたいのですが、どなたかにつないでいただけますでしょうか?」と依頼すればOKです。

OBOG訪問は、その会社で働く社員の人となりを見ながら話が聞ける良い機会です。と同時に、相手も同じように学生の人となりを見ていると考えて行動するようにしましょう。

よく読まれている記事