「欠席したら採用されない?」就活の都市伝説に迫る!【説明会編】

Businessman walking on the sidewalk

2017年新卒の就活がひと段落し、早くも2018年新卒採用活動が始まる季節になりました。

就活未経験の学生は「先輩から、たまに話は聞いていたけど……」「ネットで情報は見てるけどイマイチわからない……」なんて人も多いのでは?

そこで、みんなの就活に対する疑問「これって本当?」を解明していきたいと思います。

前回の【インターンシップ編】に続き、今回は【説明会編】です。

就活都市伝説1「説明会は何度も足を運ぶべし」

企業の説明会と一言で言っても、個別のものもあれば、何社も集まって一度に様々な企業に出会える合同説明会なるものもありますよね。

ひとつの企業の説明会って、何度も行く必要はあるのでしょうか?

採用担当者に聞いてみると、こんな答えが!

「毎回、大体の内容は同じなので、何度も来てもらう必要は全くありません。でも、『あの子、こないだも来てくれていたな』と印象に残ることはあります。何度も顔を出してくれれば、やはり志望度が高いと感じ取りやすい。『また会いに来てしまいました!今日も勉強になりました』なんてアンケートに書かれていて、感激したこともあります」

何度も行く必要はないとのことですが、少人数制で説明してくれる企業なら顔を覚えてもらえるチャンスかも。

行きたくて仕方のない企業があるのなら、何度も説明会に足を運んで採用担当者と直接話をする機会を増やしておくのも一つの手かもしれませんね。

就活都市伝説2「説明会予約には学歴フィルターがある」

説明会の予約がスタート!と同時にサイトを開いても『すべて満席』……。

これって、もしかして学歴フィルター?と思うこと、ありますよね。

採用担当者に聞いてみると、こんな答えが!

「企業側は『学歴フィルターはしていません』と公言しているところが多いのですが、実際に話を聞いてみると……していないと言いながらしている企業もあるようです」

公にはしていないだけで、実はしていることもあるとのこと。ただ、こればかりは判断材料がありません。

働きたい!と思う企業をチェックして、縁があるかどうか試してみましょう。

就活はお見合いと一緒です。自分が良いと思うだけではうまくいきません。「やっぱり学歴か……」と落ち込むことなく、相思相愛になれる企業探しに専念しましょう。

就活都市伝説3「説明会を欠席したら落ちる」

Woman having cold

就活における『遅刻』『欠席』はないに越したことはありません。

それでも、どうしても欠席せざるをえないときもありますよね。

採用担当者に聞いてみると、こんな答えが!

「体調不良などでどうしても来られない場合は、事前に連絡をしていただければ欠席しても採用に影響することはありません。ただ、無断欠席だとその後の採用は厳しいですね」

説明会の欠席は、ほとんど採用に影響しないと考えて大丈夫そうです。

ただ、一部『説明会は、選考に必須』と銘打っている企業もあります。また、説明会と一緒にグループディスカッションなどを行う企業も。そういった企業の説明会なら、一度に説明会を受けられる人数も決まっているものです。

当日体調が悪くなったのならどうにもなりませんが、わかった時点で早めに欠席連絡をするのがよさそう。長丁場で大変ですが、就活時期から体調管理・スケジュール管理はしっかりとしていきたいですね。

早くも説明会が開始されている企業も。

学校の授業がない夏休み中に、是非説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事