イマドキの若者は銭湯で風呂友を作る?一人暮らしの活用術

お風呂足元

暑さも弱まり、朝晩が涼しくなる季節がやってくると徐々に湯船につかりたくなります。普段からアパートの狭い浴室や、ユニットバスの生活が続いていると、たまには広い湯船が恋しくもなるものです。

最近ではスーパー銭湯なども増えてきたことから、銭湯やサウナに通う若い人の姿を見かけるようになりました。また、家のお風呂とも温泉とも異なるレトロな魅力で、銭湯が再注目されているようです。

あまり若い人には馴染みのない「銭湯」ですが、一人暮らしをしているといくつかメリットもあります。そこでここでは、思わず足を運びたくなる銭湯の魅力について取り上げてみました。

お部屋の防カビ対策?

一人暮らしの狭いお風呂場は、完全な密室状態になっている場合がほとんどです。そのため、ちょっとお風呂に入っただけでもたちまち湯気が充満してしまいます。

特にユニットバスにお湯を張ると、湯気が水に変わりドアノブやトイレまで湿ってしまいます。ちなみに筆者が昔住んでいたアパートでは、湯気が部屋まで流れてしまい、火災報知機を鳴らしてしまった人も……。

さらにこうした湯気は湿気へと変化し、放っておくとカビの発生原にもなりかねません。適度に銭湯を活用することは、お風呂場に発生する湿気を抑え、防カビ対策にもつながります。またお風呂掃除をこまめにする必要がないというメリットもあります。

サウナで美肌を目指す

美肌

温泉でもそうですが、銭湯にもサウナが併設されています。最近ではサウナの効用が再注目され、ダイエットや美容効果目的で銭湯に通う人も。ただ暑いだけのイメージがあるサウナですが、この熱気こそが美の秘訣になっているのです。

サウナの熱気には、皮脂腺を活発化する効果があります。体が温まることで新陳代謝が活発化するので、脂肪を燃焼しやすい体を作ることができます。

また汗をかくことで、体の中の老廃物が取り除かれ、美肌効果が期待できるでしょう。美肌対策のために、あれやこれやとお金をかけるよりも、ワンコインでキレイになれるなら、経済的かもしれません。

もちろんただ入るだけでは効果は生まれにくいので、正しい入り方でじっくりと試してみることがおすすめです。

「風呂友」を作ってさらに充実!

銭湯というのは基本的にその土地に根付いているものです。そのため昔からの常連さんもいれば、同じ時間によく見かける人もいることでしょう。

よくスポーツジムに通っている人から、「通っているうちに顔見知りの人が増えてくる」という話を聞きます。それと同様で、銭湯も通っているうちに顔なじみの人ができてくるようです。

時間やその地域周辺の住宅事情によって、銭湯に来る顔ぶれはさまざま。「裸のつきあい」という言葉がありますが、銭湯の開放的な空間と温浴効果が相まって、人との距離がぐっと縮まるようです。

同じ年齢くらいの人から人生の先輩まで、幅広い年齢の人が集う場所なので、大学生活とは異なる交流ができるかもしれません。

また気の知れた友達と行くのも方法の一つです。普段とは異なるオープンな話ができ、コミュニケーションの場としても活用できます。ひとっ風呂浴びて、食事やお酒を飲みに行くのもいいでしょう。

身体にはもちろん心にも、さまざまな効果をもたらす銭湯。家のお風呂だけではとれない疲れを癒しに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

よく読まれている記事