就職する前におさえたい!スマートなメモをとる3つのポイント

メモを取る

会人になると、いろんな場面で「メモをとれ!」と言われます。特に新入社員1年目は覚えることがたくさん。メモをとる日々が続きます。また自分のメモは、後に自分専用のマニュアルにもなります。そしてメモの記録は、自分の記憶に残らない部分を補ってくれるアイテムとなるのです。

しかし、人の話を聞きながらメモをとるのはなかなか大変!「何を書けばいいのか」「何が大事なのか」がわからなくなってしまいます。

そこでここでは、メモをとるときに気をつけておきたい3つのポイントを紹介していきましょう。

大原則「メモは見返すもの!」

まず原則としておさえておきたいのは、「メモは見返すもの」であることです。メモを見返す時に重要なのは、見やすさ、トピック、そしてシンプルさです。

そのため原則メモは、「1トピックごとに1ページ」を心がけましょう。次のトピックも同じページに書いてしまうと、見返した際にごちゃごちゃしてしまいます。

「紙がもったいないなぁ」と思うかもしれませんが、メモは後で見返すもの!すぐに捨てるものではないのです。思い切って使いましょう。

また記述する際は、相手が話したことだけでなく、「自分がどう思ったか」ということも加えておくといいでしょう。自分の中の記憶を、より引き出しやすくしてくれます。

目に飛び込むビジュアルで差をつけよう

カラフルなボールペン

「メモは見返すもの」という原則を前提に、メモを取る際はビジュアルも意識したいものです。ただ漫然と描くだけでは、重要な情報を理解することができなくなってしまいます。

そのため黒いボールペンではなく、3色や4色のボールペンを用いるといいでしょう。自分でルールを作って色分けをすることは、情報を整理することにも繋がります。3色ボールペンならば、仮に全部黒で書いてしまっても、すぐに後から赤や青で囲むことができます。

3色ボールペンが嫌だという人は、自分で記号を作る方法も一つです。何に関する話なのかを、記号と一緒にメモしておくだけで、見返しやすくなります。

大切なのは自分で書くこと

ビジュアルや見直しを重視すると、つい「綺麗な字で書かなくては!」と意識してしまいがちです。しかしノートはあくまでも、自分が見るもの。

他人に見せるものではないので、自分が読めればいいのです。そこで一番重要なのは、自分の手を動かすことです。

最近では、スマホなどのメモ機能を活用する人も増えてきました。しかし、データのメモはいろいろな危険もはらんでいます。特に怖いのは、データの紛失と流出です。メモのデータが全て吹っ飛んでしまったり、第三者に漏れてしまう可能性も……。

もちろん手書きメモも、紛失してしまえば元も子もありません。しかし自分だけが読めるものであれば、他者に解読されることはないでしょう。自分だけの手書きのメモを作るというのは、こうしたリスク対策でもあるのです。

ただ書けばいいものでもなく、自分の記録の足跡にもなるメモ。社会人になる前のステップとして、大学の講義やアルバイト先で、試してみてはいかがでしょうか?

よく読まれている記事