華やかさは正義!バブル時代のありえないエピソード

755a2011258abb057281bd9377b8946d_m

バブル時代とは、1986年12月から1992年2月までの52か月間に日本で起こったあり得ないほどの好景気な期間のこと。なんでも山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買えるほど土地価格が上昇するほどだったそう。

ここでは、今となっては考えられないようなバブル時代のエピソードを集めてみました。

就職編

「公務員」は負け組。民間企業に入ったほうがたくさん稼げるため、当時は公務員が不足していたそうです。今では高校生のなりたい職業ランキング1位が公務員なのに……恐るべしバブルの威力。

さらに、内定式がハワイなんてザラ。社内研修と称して、内定者を他の企業に奪われないようにするため、海外旅行に連れていく企業もあったのだとか……。そこでもお小遣いが支給されたそうです。なんでも経費で落とせた時代なんですね。

バブル期に就活をした人々は、「うちの会社に来てくれ」と複数企業からお願いされたそうです。もちろん交通費は全額支給。なかには入社試験を受けていないのに内定をもらえる人までいたのだとか。就活生(筆者)の身から言わせてもらうと「羨ましい」の一言に尽きます。

恋愛編

若い女の子は、「アッシー、メッシー、ミツグクン(※)」という三種の神器を抱えていたそうです。クリスマスのホテル予約は、1年前からスイートルーム争奪戦!もちろん高級ホテルです。

男の子は女の子のためにお金を使うことで「愛」を表現していた時代だったのでしょうか。「いいな~」と思いつつ、それに見合うだけのおしゃれして着飾っていた女の子たちも大変だったんだろうな……と思います。

※「アッシー=呼べばいつでもお迎えに来てくれる男子」、「メッシー=ご飯を奢ってくれる男子」、「ミツグクン=高級品などなんでも買ってくれる男子」のこと。

社会編

「値引き商品と正規価格のものが並んでいたら、迷わず正規価格のものを買った」といわれるほど、値段が高いものほど売れた時代。20代で高級車に乗るなんて当たり前だったそう。

徒歩5分の距離でさえタクシー移動が当たり前。タクシーから乗車を拒否することも日常茶飯事で、チップを窓から無理やり入れてタクシーを捕まえていたようです。

バブル崩壊後、「リストラ」という言葉も生まれたように雇用が不安定になり、高額なローンを組んでいた人々は負債を抱えることとなりました。

堅実がイチバン

バブル時代は、「頑張ればその分明るい未来がくる」と信じられていた時代。筆者はバブル崩壊後に生まれたゆとり世代なので、当時の華やかさを直接体験したことはありません。

なので、バブルに青春を経験した人たちに会うと、「この人、今でも“過去の栄光”を引きずっているな」「どうしてこんなに根拠のない自信を持てるんだろう」と不思議に思うことがよくあります。

まぁ、いずれにしてもゆとり世代がバブルを経験することはないので、堅実に生きていきたいものです。

よく読まれている記事