ゆるい若者に喝!ギラつくゆとり世代のイケメン社長・松村淳平を紹介

松村淳平  junpei1114 さん   Twitter

「お給料はそこそこでいいから残業なしの週休二日がいいよね~」
「出世?興味ないなあ~」

このように、若者の仕事観がゆるくなってきている現代日本。週3日勤務で月収15万の「ゆるい就職」、なんていうのも話題になっているほどです。昔に比べライフスタイルが多様化してきているので、それはそれでアリだとは思います。

しかし、そんなゆるい風潮に流されない強烈な人材がいた!天下をとるつもりでギラギラ働いている23歳の社長、松村淳平。彼の仕事観・人生観をみてみると、「このままじゃいかん!」と反省させられるかも。

それにしても「ギラつく」と「ゆとり」という言葉のミスマッチ感……。今回の記事、彼がゆとり世代生まれということ以外1ミリも「ゆとり」要素はないです。アツいです。火傷するぜ。

「会社は学校じゃねぇんだよ」で一躍有名に!

松村淳平氏は23歳にしてサイバーエージェントの社長、藤田晋氏からグループ会社の株式会社WAVEST社長に抜擢されました。「おもわずシェアしたくなるネタ」を集めたバイラルメディア【BUZZ HOUSE】等を運営。リリース4か月目にして月間2000万PV突破という驚きの結果も出している超やり手なのです。

そんな彼を一躍有名にしたのが、社長に就任して1か月後に自身のブログに投稿した「会社は学校じゃねぇんだよ」という記事。さすがサイバーエージェント社員、当たり前ですがアメブロですね。

閑話休題、この記事、本当にかっこいいのです。ぜひちゃんと読んでいただきたいのですが、一部抜粋・要約させていただきます。

  • 群れることは無意味、孤独と対峙する強さを持て。
  • 仕事なんて全部自分で見つけてこいよ。ここは学校じゃねぇんだよ。
  • 自分でギラツついて先輩から仕事奪って、どんどん結果だしてこいよ。

アツい!アツすぎる。行動して結果をだしている彼だからこその重みのある言葉ですね。この記事がネット上で話題を呼び、たくさんのパロディー記事も作られています。【BUZZHOUSE】にて紹介されているのでこちらもあわせて見てみてください。【サイバーエージェント松村淳平『会社は学校じゃねぇんだよ』のパロディー版がおもしろい】

なぜ若者がゆるいのかを分析してくれました

働き方と転職を考えるコラムサイト「瓦版」のインタビューにて「なぜ若者はユルいのか」ということを独自の目線で厳しく分析もしています。

「同世代が生温い理由って、〈ゆとり世代だから〉、とか〈教育環境〉じゃなくて、単純に年上がやっていることがダサいって思ってるんでしょうね。アツイのがダサいというか。そういう空気にみんなが同調しているってことなのかもしれません。そうしないと自分がダサい、みたいな。その意味では自分は古風なのかもしれません。でもだからこそ一気に抜けていけるので好都合だと思っています」

なかなか偏っていますが、一理あると言えなくもないです。個人的にはこの分析よりも最後の一文にしびれました。計算高くてガツガツしているのを隠そうともしない、ある種の実直さはとても魅力的ですよね。

「素敵」という言葉は「素晴らしくて敵わない」というのが語源なのだそう。まさに「素敵」な松村淳平。彼に負けないくらいアツい人材がいたらぜひ教えてくださいね!

よく読まれている記事