「子離れできない親と自立したい子ども」若者が理想とするマイホームとは?

Couple have received a key from the real estate agent

結婚適齢期に突入した人も多い、ゆとり世代。一人暮らしのときは賃貸だった人も、結婚して家族を持つようになるとマイホームへの憧れが強くなるものです。

「若者の車離れ」などと言われて久しいですが、ゆとり世代は全く消費に興味がないわけではありません。むしろ、来るべきときマイホーム購入に備えてコツコツと貯金をしているという人も。

ゆとり世代は、将来のマイホームに対してどんな理想を描いているのでしょうか。

理想のマイホームは「都心・駅近・コンパクト」

三井不動産リアルティ株式会社は、2013年に「ゆとり世代と親世代の住まいと距離に関する意識調査」を実施しました。調査対象は、1都3県(神奈川・千葉・埼玉県)に実家があり、現在も圏内に在住のゆとり世代。そして、その世代を子に持ち、住宅購入経験のある50~59歳。

ゆとり世代のマイホーム購入については、「購入したい」(30.6%)と「やや購入したい」(32.6%)を合わせると、6割以上が「将来マイホームを購入したい」と考えていることが分かりました。

また「理想のマイホーム像」を聞いたところ、ゆとり世代は郊外派(41.9%)に比べ都心派が58.1%とやや多い結果に。「駅から距離はあるが広々とした住まい」(44.8%)よりも「駅近でコンパクトな住まい」を希望する人は55.2%でした。

自分の時間を楽しめる書斎・家事室が欲しいと答えた人は、全体の3割にのぼりました。これは親世代よりも2割ほど多い回答です。「結婚しても一人の時間を大切にしたい」というゆとり世代のホンネが読み取れますね。

マイホーム購入は「30代半ば」、親からの援助は期待しない

購入のタイミングは、「結婚後2~3年して落ち着いたとき」が37.2%とトップに。続いて、「住宅ローンの頭金に十分な貯蓄ができたとき」(20.4%)、「良い物件が見つかったとき」(18.9%)というものが挙げられています。

結婚希望年齢は平均28.3歳、第一子誕生の希望年齢が平均30.1歳。そして、マイホーム購入の希望年齢は平均34.1歳となっているので、第一子が小学校に入学するぐらいまでにはマイホームを購入したいと考える人が多いようですね。

一方で親世代がゆとり世代に望む年齢は、結婚が26.9歳、第一子誕生が28.6歳、マイホーム購入が35.3歳。自分たちの経験からか、結婚と第一子誕生の年齢が少し若くなっています。しかし、マイホーム購入うの年齢については、ゆとり世代と大きな開きはありませんでした。

「購入する際に親からの資金援助を期待するか」という問いに対しては、72.4%のゆとり世代がNOという回答に。回答者が長男・長女だった場合は77.8%が「期待しない」と回答しています。不況やリストラなんて言葉を幼いころから聞いていた影響でしょうか、「親に経済的負担はかけたくない」と考える人が多いようです。

「親の近くに住みたい」3割、「子どもの近くに住みたい」6割

Family

同調査では、結婚後のマイホームと実家間の理想の距離についても聞いています。親と近いところに住むのを望むゆとり世代は、約3割。「緊急の時に助け合いたい」「働いている間、用事があるときに、親に子供の面倒を見てほしいから」「親の老後が心配だから」という理由がトップ3とのこと。

ところが男女別に着目してみると、男性は24.7%、女性は41.2%という結果になります。男性よりも女性のほうが、親と近いところに住むのを望んでいるようです。妊娠・出産という一大イベント、そしてその後の子育てを考えると、身近な経験者である親が近所にいたほうが何かと安心なのでしょう。

一方で、ゆとり世代の親世代(50~59歳の男女)に同じ質問をしたところ、結果は、子ども世代の2倍となる約6割が子どもとの近居を望んでおり、男女別では、男性が54.2%、女性が62.0%と子ども世代と同様の傾向でした。この数字からは、なかなか子離れができていない両親と、そんな両親と少し距離を置いて自立したいと感じるゆとり世代の姿が目に浮かびますね。

今回の意識調査では、ゆとり世代は20代後半で結婚、30代で出産を経験し、30代半ばまでにマイホームを購入したいという希望を持っていることがわかりました。さすが不景気の時代に生まれ育ったゆとり世代、大きすぎる夢は描かず堅実派ですね。

マイホームは、一生に一度の大きなお買いものです。購入のタイミングがきたら、家族の意見を大切にしながらじっくりと選びましょう。

よく読まれている記事