「ゆとりだね」って言われる件、みんなどう思う?リサーチしてみたよ

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_m

「ゆとり教育」を受けた世代、通称「ゆとり世代」―どこの偉い人が考えたのか知らないけれど、そのキャッチ―でイメージのしやすいネーミングは、我々の世代を指すにはこれ以上ないほどシニカルでユーモアなセンスにあふれています。

ゆとりだけどそれなりに知識はあるんだから!ってことを示そうとしすぎてカタカナ英語が多くなってしまいました。ルー大柴かよ。ちょっと古いですね。

とにかくこの「ゆとり」というひらがな3文字の、幼稚園児でも読める名称のせいで、我々は嘲笑される格好の餌食となってしまいましたよね。そんな現象をゆとり世代自身はどう考える?そんなナマの声を集めてみました!

Q1「ゆとりだね」!どんな時に言われた?

▽「同じバイト先の子が2人揃って遅刻したとき。社員さんに『これだからゆとりは』ってなぜか遅刻してない私まで一緒にバカにされた!」(22歳/大学生)

とんだとばっちりですねえ。つーかゆとりじゃなくても遅刻する人はするだろ!って思っちゃいます。

▽「母親とケンカしたとき」(20歳/大学生)

お母さん……!あなたがゆとり世代に私を産んだのよ~!!!しかしそんなお母さんは「新人類」世代。同じように馬鹿にされたものよ、とその後和解したそうです。よかったですね。

▽「塾講のバイトをしていたとき。脱ゆとり世代な生徒に『数学って大変だよねえ』と言ったら、『だって先生ゆとりでしょ?今より楽じゃん!』と返されました」(24歳/アパレル)

なんと年下に言われるパターン。今後この世代と軋轢が起きた場合、最終兵器として「ゆとり」攻撃が使われると思うと震えが止まりません。ちなみに我々が使っていた教科書と、脱ゆとり世代が使っているそれでは、圧倒的に後者の方が厚かったそうです。何も言えねえ。

Q2「ゆとりだね」と言われることについてどう思う?

▽「腹立たしい」(21歳/大学生)

シンプルかつ一番多い意見なのではないでしょうか。そりゃいい気分はしませんよね。

▽「土日休みだったし、楽しかったから別にそれくらい言われてもいいかな~(笑)」(20歳/大学生)

この開き直り感と呑気な感じ、すごく“ゆとり”っぽいですね!ポジティブで非常によいと思います。

▽「自分たちが好きで“ゆとり”になったわけじゃないのに、色々言われても困る」(20歳/大学生)

▽「社会が勝手に決めつけたんだし、別に言われても気にしなかった」(24歳/編集)

こういった類の意見も多く見られました。本当に、知らんがな!って感じですよね。

そもそも「ゆとりだね」という言動自体、人を見下すことで自分が優位に立とうとする心理が透けて見えます。本当の大物は、そういうレッテルを貼って人を判断したりしないはず。ですから「ゆとりだね」とか言ってくる輩はたいしたことないのです。我々はそんなことには動じず、堂々としていればいいでしょう。

ゆとり世代は「ゆとり」をネガティブに捉えていない!?

ゆとり世代の声を集めているうちに発見したことは、彼らが「ゆとり」をネガティブに捉えていないということ。これだけ叩かれているのに、その雑草根性には感服ですね。

▽「どの世代も“最近の若者は”って言われてきた。それがたまたま“ゆとり”という名前がつけられてしまっただけ」(23歳/金融)

▽「今の若者は夢を見ないとかいうけどそんなことない。価値観や生き方が多様化してきて、夢の種類が細分化したんだと思う。だからひとつひとつの夢が小さく見えてしまうだけ」(22歳/大学生)

▽「私は就職しないつもり。祖母や母は就職しなさいって圧力をかけてくるけど、ゆとり世代の先輩とかは『無理して就職しないで、好きなように生きた方が良いんじゃない?』って言ってくれる。ゆとり世代はそんな風に多様な生き方や価値観を認めてくれる傾向にあるんじゃないかな」(21歳/大学生)

我々は「ゆとり世代」というだけで最初から偏見を持たれがち。ですがこれだけ自分の長所がわかっているならば、あとはそれを理解してもらえるように働きかけるだけなのかもしれませんね!

よく読まれている記事