ナチュラルメイクはもう古い!春のトレンドは「色っぽ顔」で決まり

8430242424_fe1b4d5aaf_b

昨年から老若男女問わず「かわいい!」と絶賛人気中の石原さとみさん。天下無敵のフェロモンと色気を解き放ち、ドラマのヒロインを演じたり数多くの雑誌の表紙を飾っています。今や見ない日はないといっても過言ではないでしょう。同性でもみとれてしまうような色気と女っぽさ!

そんなこんなで昨年からじわじわと「おフェロ顔」なんて言葉がきていましたが、2015年はさらに拍車をかけて「かわいい」より「色っぽい」顔が注目を集めています。抜け感を重視したすっぴん風ナチュラルメイクはもう古いかも!?というわけで、トレンドの「色っぽ顔」に注目です!

2015年は「色っぽ顔」が大注目!

ここ数年は「すっぴん風メイク」「ナチュラルなヌケ感」といったフレーズが流行っていましたが、2015年からは「色っぽ顔」がトレンドです。

「色っぽ顔」とは、その名の通り色っぽい&女っぽい顔のこと。イメージでいうと、女優の石原さとみさんや、フリーアナウンサーの夏目三久さんなどが挙げられます。

凛とした女性の美しさのなかにひそむ、少女のようなあどけなさ。ばら色の唇にアンニュイ&うるうるの目元が勝負顔。というわけで、注目の「色っぽ顔」のメイクレッスンをみていきましょう!

眉は暗めのストレート

ゆるーくラウンドを描くナチュラル眉が流行っていましたが、「色っぽ顔」の眉も同じくナチュラル。ダークトーンのブラウンを使ってストレートに仕上げるのが今D器です。

夏目三久さんのような太眉をお手本にしましょう。ポイントは眉尻を下げ過ぎないこと、そして細すぎないこと。はっきりとした眉は目元の印象をぐっと強め、凛とした媚びない女性らしさが宿ります。

目元は囲みシャドウでアンニュイに

目元でもっとも力を入れるのは、アイラインでもマスカラでもなくアイシャドウ。赤みのある茶系をチョイスして、上下のまぶたに入れましょう。下まぶたにはアイボリーを選んでラフに仕上げて。

アイラインはブラウンを選びペンシルのものを。やわらかい色を選ぶことで陰影ができ、かげりのあるアンニュイな目元になります。

頬は淡いトーンのチークで骨格を美しく

チークはちょっぴりくすんだローズカラーを。明るいピンクで血色を良く見せるのではなく、骨格を浮き立だせて「色っぽ顔」に。頬より少し高い場所に1ハケだけ軽く乗せるのがポイント。やりすぎると子どもっぽくなってしまうので要注意!

口元はやや暗めのボルドーリップを

色っぽさの王道といえば赤リップですが、少々古臭くみえてしまうのでイマドキ顔にはボルドーカラーを。ややダークカラーであるボルドーを選ぶことで、センスのよさとほのかににじみ出る色気を演出できます。均一に塗ってマットな唇にしてくださいね。

というわけで、ナチュラル顔から「色っぽ顔」にチェンジして、今年の春は女度をアップさせていきましょう!

よく読まれている記事