夏のトレンドメイクは「ちょい抜け感」で決まり!

cd64c6fdf6a5966dca1cfddaf5f51a3d_m

花火大会やプールなど、真夏のイベントシーズンが到来し、メイクのトレンドも気になる頃ですよね。

株式会社コスメディック・アイが、20~34歳の女性を対象にトレンドメイクに関する調査によると、85%が作りこみすぎない“ちょい抜け感メイク”を支持。おしゃれ感度の高い女性たちは、この夏も「すっぴん風メイク」に夢中のようです。

がっつり囲みメイクはもう時代遅れ?

調査方法は、同一人物に3種類の異なるメイクを施し、「どのメイクが好きか」を質問したもの。

img_67157_1

アンケートでは、真ん中の写真の「ちょい抜けメイク」を選んだ人が最も多く、46%。2位の「抜け感メイク」と合わせると、85%がナチュラルなメイクを好んでいることが明らかになりました。

一方で「囲みメイク」を選んだ人は、わずか15%。下まぶたにシャドーをつけたり、デカ目効果を狙った囲みアイラインなどは、もはや時代遅れな印象を与えてしまうもの。さらに表情がキツくみえて、男受けも悪いことが不人気の理由なのかもしれません。

また、3種類のメイクがそれぞれどんなシーンに合うかを聞いたところ、ちょい抜けメイクは「女子会」「異性とのデート」「合コン」「仕事」などの項目で高ポイントを獲得。ナチュラルで上品な仕上がりなので、幅広いシーンで使えるメイク術ともいえそうです。

抜け感メイクのポイントは?

しかし「可愛くなろう!」と気合いをいれてメイクをすると、濃い仕上がりなってしまいがち。一方、極薄メイクだと「体調悪いの?」と心配されたり、合コンや飲み会で目立てなかったりするものですよね。ちょうどいいルーズな抜け感を手に入れるには、どんなポイントに気を付ければいいのでしょうか。

アイラインはブラウン系

アイラインは黒で引くより、ブラウン系のカラーのほうが優しい目元を作ることができます。ブラウンのアイシャドウを目の際に薄っすら入れるだけでもOK。

くるんとまつ毛をカール

根本からビューラーでまつ毛を持ち上げて、デカ目を作ります。マスカラを中央部分に軽くオン。キツい印象を与えるカラコンやつけまなどは、使用しません。

シャドーで気合は入れない

アイシャドウは、全体にはのせず、まぶたの中央にパール系の明るい色を薄くいれるのがポイント。ツヤのあるふっくらとした印象になるはず。

ベースメイクはしっかりと

抜け感メイクのポイント「目元を薄塗り」に仕上げること。その分、素肌の美しさが問われます。クレンジングや保湿など、日頃のケアをしっかりと行い、顔色が悪く見える場合は、コントロールカラーやコンシーラーでカバー。ノーファンデ美人を目指しましょう。

ただの手抜きにならないように要注意。アイメイクの“抜け感”を意識して、ナチュラル美人を目指しましょう。

よく読まれている記事