結婚に後ろ向きな彼からプロポーズの言葉を引き出す方法・4つ

18fbd2a2498263fd347943d23891636d_m

恋愛に受身な草食男子が増えている昨今、結婚適齢期なのになかなか彼がプロポーズしてくれない……という悩みは万国共通のようです。

彼にプレッシャーを与えすぎず、スムーズに気持ちを後押しする秘策ってあるのでしょうか。今回は、結婚に後ろ向きな彼からプロポーズの言葉を引き出したという既婚女子たちにそのエピソードを聞いてみました。

結婚した友人夫婦の後押しで

▽「結婚した友人たちを集め、ホームパーティを開催。友人には『彼にプロポーズをさせたいからそういう話題多めで!』と事前にお願いしておきました。その甲斐あって、数週間後彼から『結婚しよう』の一言をもらうことに成功」(28歳/メーカー)

友人にお膳立てをしてもらう作戦。計算尽くされたホームパーティに連れ出せば、彼も逃げ場を失ってプロポーズしてくれるかも。持つべきものは、良き友人ですね。

寝言で「結婚したい」

▽「直接彼に結婚願望を伝えるのが悔しかったので、お泊まりをした日に、寝ぼけているフリをしながら『A子の結婚式、ホントにきれいだったな』『私もドレス着たいのに』と、結婚絡みのせりふをいくつか囁きました」(27歳/広告)

寝言を使うとは、かなり上級テクニック。演技力が求められそうですが、普段なかなか言えないような本音を伝える手段としてはいいかも。

「地元に帰ろうかな」と囁く

▽「マンションの契約期限が切れるタイミングで、付き合っていた彼に『仕事で疲れたから、更新せずにしばらく地元に帰ろうかな』と言うと、あわてて彼が『離れるなんて考えられない!だったら結婚して一緒に住もう!』とプロポーズ」(25歳/IT)

交際期間が長いカップルに効果のありそうセリフですね。ずっと一緒にいた彼女が突然遠くに行ってしまうとなれば、彼も焦ってプロポーズしてくれるはず。

誕生日プレゼントにおねだり

▽「30歳になる前に結婚したくて、彼から『誕生日に何がほしい?』と聞かれたとき、少し考えるフリをして『うーん、婚約指輪かな』と答えました」(29歳/看護師)

男たるもの、プロポーズは自分からすべきとは思っていても、なかなか行動に移せなかったり、きっかけをつかめない男性は多いもの。女性のほうからはっきりした意思表示があれば、身を固める決心がつくかも。

既婚女性のプロポーズにまつわるエピソードを聞いていると、意外にも女性からなんらかのアクションを起こしたという人が多くいました。

「そろそろ結婚したいな」と思ったら、彼からの一言を黙って待つだけでなく、「言わせた婚」を狙うのもありかもしれませんね。

よく読まれている記事