寿退社なんて言語道断!20代男子が結婚相手に求める「三高」とは?

945bdb8dd5429dfb1455bd92cb45e967_m

バブル時代に女性が男性に求めた三高(高学歴、高収入、高身長)。

「そんなハイスペックな男なんてどこにもいるわけないじゃん」とどこか冷めた目でバブル女性をみるゆとり女子も多いのでは。

ところが最近、若い男性の間で「結婚相手の女性」に高スペックを求める人が急増しているのだそう。今回は、自称・高スペック女子好きの20代男性に、女性に求める資質を伺いました。

自分より高収入でもOK「経済力のある女」

▽「自分の稼ぎだけじゃ厳しいから」(25歳・営業)

▽「彼女から『結婚したら仕事辞めたい』と言われて別れようかと思ってる」(27歳・メーカー)

サラリーマンの平均年収が400万円を下回る時代。長く勤めても給料が上がる保証はないし、一家の大黒柱として家計を支えていく自信が持てないというのが20代男子の本音のよう。

「自分より高収入でも気にならない。むしろ彼女がバリキャリだったら、自分はイクメンになりたい」と言う人もいました。

バブルを経験した男性からすれば、「プライドないのか?」と突っ込みもありそうですが、女子からすれば、大して稼ぎがないくせに態度だけでかい男性より、腰が低く器の広い男性のほうが付き合いやすいものです。

知性や頭の良さも魅力「高学歴な女」

▽「論理的に会話ができる女性じゃないと結婚してから困るから」(28歳・コンサル)

▽「単純に頭のいい女性が好きだから。知的な会話ができる女性は、色っぽい」(26歳・経理)

小さい頃から勉学に励み、厳しい受験戦争を突破してきた高学歴女子は、負けず嫌いで上昇志向の人が多いのが特徴です。

ひと昔前であれば、飲み会の席などで女性が意見をすると「何を女が偉そうに自己主張しやがって」と煙たがられていましたが、最近の若い男性は、女性にも対等な関係を望むよう。

また、「高学歴女子のほうが依存心がなく、きちんと自分の世界を持っている人が多い」という意見もありました。自分の考えをしっかり持っていて、自立している姿に惹かれる男性は多いようです。

程よい距離を保てるのが理想「高コミュニケーション能力」

▽「社会性のない女性とは付き合えない。結婚してから大変そうだし、自分に対して100%の愛情を向けられても困る」(28歳・IT)

▽「友達が多くて、お互いに拘束しあわない関係が理想」(25歳・エンジニア)

趣味や男友達との付き合いなど、彼女がいても「自分の時間」を大切にする人が多いゆとり男子。

やはり結婚してからも、奥さんとは程よい距離を保ちつつ、支え合っていきたいというのが正直な気持ちのよう。

自分の時間すべてを彼に捧げるなんてもってもほか。お互いのプライベートを尊重したほうが、男性の重荷にならず、ゆるく安定した付き合いを継続できそうです。

以上、イマドキ男子が求める、三高について解説しました。

ハイスペックと言っても、「東大出身、年収1000万以上」などの肩書きを持つ必要はありません。

大切なのは、結婚しても自活できる女を目指すこと。そうすれば、自然と男性に「結婚」を意識させることができるはずです。

よく読まれている記事